湯煎ステーキは本当に美味かった

肉の仕入れに強いスーパーが近所にできたこともあり、(対抗してか)さらに近所のスーパーでも肉のセールを工夫してくるようになった気がします。

 

 

終日、ステーキ用ロースを「半額」で売り出している日があります。

まあ、「半額の日」以外にその肉は出てこないんですけどね。

つまりは設定価格通りってこと。

なんですけれど、グラム単価が安いし、「ジャンボステーキ」とかいって400〜600g以上であるからついつい買ってしまう。

 

筋切りしても、これでもかってくらい硬くて、価格相応ってやつだなと思っていました。

お金に余裕があれば、ヒレ肉とか食べたいけれど、頻度との相談になります。

 

で、

見たんですよ。テレビで。

家で焼くステーキで失敗しない方法というのを。

それが「湯煎」するっていう方法だったので、「う〜ん、ステーキといより茹で肉なんじゃ?」って気もしました。

ただ一度やってみようと。

 

理屈としては、

牛の体温に近づけ、肉をふつうの状態に近づける。=肉が活動できる硬さってこと?

タンパク質は一定温度以上で不可逆に硬化する。(生卵はゆで卵になるけれど、ゆで卵は生卵に戻れない)

ということなんだと思います。

 

まずは、筋切りをします。

肉と脂身をまたぐように、ちょきちょき。

ここで牛脂をすりこむとよいらしいのですが、もらってくるのを忘れたのでオリーブオイルを塗ります。

 

次に、ジップロックに平らに入れます。

肉が大きかったので、2つに分けました。

できるだけ真空に。(湯に接しないと肉に温度が均一に伝わっていかないからかな)

 

フライパンに水を入れて、50℃になるまで温めます。

上述の理屈からすると、ここの温度管理はきちんとした方がよさそうでした。

でも温度計がないので、指でなんとなく。

50℃っぽいお湯に投入。浮いてこないように、なにかおもしを。うちは、フライパンよりやや小さめの鍋の蓋を使いました。

 

50℃になったら火を止めていいらしいのですが、肉を常温で置いておかなかったので、超弱火をつけたままにしたり、止めたりとやや気をつかいました。

 

5分経ったら、湯煎はおしまい。

あとは、表面に好みの焼き色をつけるだけとのこと。

オリーブオイル(牛脂がなかったからね)をしいて、ヤキヤキ。

2つに分けていたので、1枚目は表60秒、裏30秒くらい。2枚目は表30秒、裏20秒くらい。

 

出来上がり!

実食です。

これには本当に驚きました。

硬くて食べれたもんじゃないところが必ずあるくらいの肉だったのですが、

どこも柔らかく、とても美味しく仕上がりました。

 

実は1枚目と2枚目では、硬さにかなりの違いが出ました。

これで温度に対する実感がわいたのです。

2枚目よりも1枚目の方が硬かった。おそらく表面を60秒焼いたからだと思います。

焼く時間が長ければ長いほど、よくないわけですね。そうなると日頃の焼き方だと肉は硬くなる一方なわけです。

ステーキソースとか玉ねぎとかを入れた状態で焼いた方がよいのも、おそらく肉が硬化するのを防ぐ意味があるのでしょう。

 

もちろん、ただ焼くよりは手間がかかります。

でも、これだけ結果に違いが出るなら、もう次回からは必ず湯煎ステーキにします。

 

 

0

    部屋の大掃除

    いい天気。子どもは虫取り日和。

     

    GWのうちにやっておきたいことの1つ、部屋の大掃除に着手。

    ・・・したのですが、いったんはきれいになっていた部屋も、断捨離しようと棚やクローゼットの中身などを出したらもはやカオス状態に。

    ここでGW終了すると、完全な物置に逆戻りです。

     

    私の部屋(とされるところ)は、本棚だらけ。

    クローゼットには、思い出の品々とか、引越しのときに未整理だったものとかで埋まっています。

    生活空間はほとんどなし。

     

    本はかなり処分しましたが、学校に持って行っていない学級文庫用の本などもあふれています。


    トレーニングができる部屋にしたい。固定ローラー台でZwiftしたり、タバタしたり。でも・・・

    自室についているエアコンは古すぎるので稼働させるつもりはなく、そうなると夏場はここで過ごすことはないかなあ。

    0

      GW恒例

      我が家のGW恒例となっているのが、根岸森林公園ピクニックです。

       

       

      花見の季節はずいぶんと混んでいるようですけれど、GWはにぎわっていても混雑しているという気持ちはしません。

      木々の黄緑色がとても気持ち良く、ちょうど芝生の上にレジャーシート敷いてご飯を食べたり、子どもと走り回ったりするのに適しています。

       

      赤ちゃん含めて、小さな子を連れた家族が多いなと思います。

       

      GW明けに実悠が早速、学校で遠足に行くようなので、今日はその練習も兼ねています。

      お弁当と水とう、敷物が入るリュックを買いました。

      実悠は自分の持ち物を入れて、1日歩くことに。

      やっぱり疲れたようです。がんばれ。

       

      今年は、根岸競馬場跡公園の方にも行きました。(ま、根岸森林公園の一部だと思いますけど)

      野原を駆け回ったり、池の亀を見に行ったりするのも楽しいのですが、子どもにとってみるとやはり遊具遊びもしたいようです。

       

      「幽霊のお城みたいだね。」

      というと、実悠も優律実も「そうだよ!」と。

      「あ、今あそこから見ていたよ。」

      というと、優律実も「あ、今見てた!」とか。ほんまかいな。

       

       

      ちなみに、競馬場跡公園には「ここは撮影禁止区域です。」という看板がありました。

      個人で楽しむ分にはよいとのことです。テレビの撮影とかがだめなのかな。米軍用地があるからなんでしょう。

       

      長めのローラー滑り台や、ターザンロープなど、遊具が充実しています。

       

       

      それにしても、今日は暑かった!

      帰りは、Googlemapsで見つけた点線に「きっと道があるはず」とたどり、根岸小裏に出るコースを発見しました。

      森林公園入り口側から入るならいつもの道(それも裏道みたいな階段コースだけど)でしょうけれど、こちらは帰り道には適しているかも。

      0

        << | 2/97PAGES | >>

        小学生発!Pray for Japan

        search this site.

        profile

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        Twitter

        ブクログ

        links

        recommend

        others

        mobile

        qrcode