どんな背中を追うか / どんな背中を見せるか

 若い先生にありがちなのは(多くのまじめな教師が通ってきた道)、先輩の先生のやっていることを真似てみること。
そう、それは多くの人がやっている。
そのトライを評価できるのは、その真似したことを先生自身が評価してこそです。

・先輩先生のやっていることを、どうして真似しようと思ったのか
・真似してみて、自分は子どもの反応をどう読み取ったのか
・そもそも先輩先生は、どうしてそれをやっているのか

などを見つめることで、初めて自分自身のこれまでの指導方針を反省することができるのだと思います。


先輩先生は、テクニックを伝えるだけでなく、観(見方・考え方)を併せて伝えていってほしいです。
もし同じ組織の後輩にならば、後輩を育てるつもりなだけでなく、後輩のクラスの子どもたちを育てるつもりでも語ってほしいです。

UGEMテーマ:教育
0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    小学生発!Pray for Japan

    search this site.

    profile

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    Twitter

    ブクログ

    links

    recommend

    教育×破壊的イノベーション 教育現場を抜本的に変革する
    教育×破壊的イノベーション 教育現場を抜本的に変革する (JUGEMレビュー »)
    クレイトン・クリステンセン,マイケル・ホーン,カーティス・ジョンソン

    others

    mobile

    qrcode