アカツメクサのジャムを作ろう!

近所の公園は、シロツメクサ(クローバー)、たんぽぽ、ブタナ、アカツメクサ、大犬のふぐり、カタバミ、ヒメジョオンなどお花畑のように雑草がきれいに咲いています。

 

アカツメクサが綺麗に、そして大量に咲き始めました。

 

3月の土筆に続き、「これも確か食べられたはず。」ということで、調べてみました。

シロツメクサは炒め物とかおひたしにすることができるようで、

アカツメクサは、ハーブティーにしたりジャムにしたりできるよう。

 

というわけで、アカツメクサジャムに挑戦することに!

紫が濃い、綺麗なやつを、私とさねゆりの3人で集めました。

 

火にかけると一気にかさが減るので、多めにとりました。

 

まずは、砂や虫などよけいなものを取り除くために水洗い。

がくの部分をどうしようかと迷いましたが、おそらく蜜はぎりぎりのところに入っていると思うので、硬そうなところだけとり、あとは手でバラバラにしました。

 

お砂糖を入れて火にかけます。

 

砂糖というか、うちはてんさい糖なので色が茶色くなってしまいそう。

 

さねも真剣です。水気がとぶまでことこと煮詰めます。

 

あとちょっと。

でも、思いの外、繊維質でもさもさした感じに。

果物のジャムとはちょっと違うってことですか。

 

できあがりはこんな感じ。

トーストにのせて食べました。

 

どこかで味わったことのある味なんだけど、思い出せない〜。でもやっぱりハーブ系かな。

とろりとしなくて「ん〜。」というところだけど、何事も経験です。

 

繊維質が多いので、もっと砕いてからの方がよかったのかな。それともこんなものなのか。

食べるジャムって感じです。

紅茶に入れると美味しそう。

0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    小学生発!Pray for Japan

    search this site.

    profile

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    Twitter

    ブクログ

    links

    recommend

    others

    mobile

    qrcode