つくしだれの子すぎなの子

近くの公園に、土筆(つくし)がたくさん生えていました。

 

 

子どもの頃、近所の土手にすごく陽当たりのよく、1月下旬から土筆が出てくるところがあったのを思い出します。

 

「つくしって、食べれるの知ってる?」

と実悠に聞いてみると、

「ええ〜知らない。食べれるの?」

と興味津々。

そこで、土筆を採って佃煮にしてみることにしました。

 

こういうのは、体験が大事ですね。

 

一緒によさそうな土筆を選んで採り、持ち帰りました。

袴を取る作業が大変なのですが、これもまた体験。

 

子どもでも食べられる、佃煮にしました。

 

「おいしいね!でも、ほんとにほんとにちょっっっっっとだけ、まずい。」

という素直な実悠でありました(笑)。

 

ほろ苦さがあるので、大人向けではありますね。懐かしい味でした。

0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    小学生発!Pray for Japan

    search this site.

    profile

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    Twitter

    ブクログ

    links

    recommend

    others

    mobile

    qrcode