メソッドかコンセプトか

ふとネットで記事を読んでいて

「メソッドではなく、コンセプトである。」

というものを目にしました。

 

 

私の考えは、過去10年さかのぼっても、おそらく変わらないと思います。

「コンセプトをしっかり立てて、メソッドを研究する。」

 

学校教育というと、ほとんどが一斉授業型を思い浮かべます。

先生が黒板にはりついて、子どもたちは黒板に向かって机を並べて学習するスタイルです。

もちろん、グループを作って活動する時間もありますが、多くの時間を一斉授業型で過ごしているのが日本の教育スタイルといってよいでしょう。

 

私は、このスタイルのよいところはそれほどたくさんないなと思っています。

子どものものの考え方が同じで、特定かつ固定の理解を得たいときは有効であると思います。

私自身、話術・語り・演技などで子どもを引きつけるのは得意なものですから、そういう授業形式をとってしまうこともたくさんあります。でも、子どもの学びや子ども同士の学び合いや育ちを考えたときには、このスタイルはあまりにもったいないものです。

学校で学ぶ時間は限られています。

子どもが学校に来る理由は、教室で学ぶ意味があってこそだと思っています。

教師が黒板にはりついて、授業を1対1対応で進めるのであれば、ネットでもできるでしょうし、他に優れた教育コンテンツがいくらでもありそうです。正直、将来AIロボットの方が優秀に教えられるようになるでしょう。

 

子どもが自分たちで学びを作っていくときに、となりの友達がいてくれることによって、実現可能なものがある、それが教室でなければなりません。

 

 

こういったアンチ一斉授業型というか、同品質の知識人を育てているかのような工場型教育に対するアンチをもっている方もたくさんいます。海外の教育スタイルから学べるものもたくさんありますから、改革できる切り口は、本当はたくさん用意されています。

 

そんな方々がよく口にするのが冒頭の「メソッドではなく、コンセプトである。」です。

これは、誰に向けて発されている言葉かというと、

そういったアンチ一斉型で、子ども一人ひとりが目を輝かせ、真に自分たちの学びを追究する姿に心打たれた人

です。

 

今の学習形態に何かしらの違和感や、自身の教師としての停滞感を感じる教師ならば、

子どもの豊かな学びの姿を目の当たりにした際、

「これだ!」

と思うに違いありません。

 

それってとても大事なことだと思います。

 

ただ、そういう方に向けて

「メソッドではなく、コンセプトである。」

という言葉が発されるのは、

子どもの姿と同時に、他にない学習スタイルも目にうつるからでしょう。

 

子どもが授業中に立ち回りまくるとか、机がないとか、いろいろ。

この言葉には、

教科書を使わなければ

とか

子どもを授業中に好き勝手に立ち歩かせれば

とか

大きなテーブルで異学年で学ばせれば

子どもが豊かに学ぶということではないんだという注意喚起だと私は解釈しています。

 

ただ、この言葉、私は正確ではないと思うのですね。

教育において、メソッドというのはものすごく大事だと思っています。

というか、メソッドのない教育なんてないとも思います。

 

それは、一般的な学校教育のスタイルであっても同じことなんです。

校内の授業研究であっても、同じような議論にであったことがあります。

一生懸命授業研究している人ほど、「手立て研究」を口では嫌います。

でも、私は、研究内容は手立ての他ないと思っています。

もちろん、理念・理論を常に構築し直すという作業は必要であり行っていることではありますが、基本的にそこを研究しているのではなく、あくまでも理念・理論を実現するためのよりよい手立てを研究しているはずなのです。

 

新しい学びのスタイルに、外見だけで飛びつかれて、

新奇性とでもいえるでしょうか、一定期間は子どもの姿に変容があるかもしれませんが、

大事なコンセプトが教育者におちていなければ、効果は限定的であり、また元通りになってしまうかもしれない、、、

だから「コンセプトである。」と念押ししているわけです。

 

正確には、「コンセプトであり、それに基づくメソッドを研究中である。」だと思います。

 

どんなによい教育スタイルがあったとしても、それは何によって実現しているのかを見極める洞察と、メソッドを真似するだけでなく常に自分を磨き続ける意志がなければ意味を成さない、

そういうことでしょう。

 

その前提さえあれば、私はメソッドに飛びついたっていいと思うのですね。

わかりやすいところからでも入っていけたら、それでよいじゃないですか。

 

 

オフィシャルとして、断りを出すのは大事だと思いますが、

それが「自分たちは高尚」というアピールだと誤解されてしまうのも、また悲しいなと思ってしまうのでありました。

0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    小学生発!Pray for Japan

    search this site.

    profile

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    Twitter

    ブクログ

    links

    recommend

    others

    mobile

    qrcode