やっと始められた

近所の公園でゴミ拾いをしました。

 

もう10年前くらいから「街の清掃活動をしたい。」って思いをもっていたのですが、

「ほんとか?」とつっこまれるくらい、ほんとに何もしてきませんでした。

 

どうしてしたいかって言われると、そんなに深い理由とかないんですけれど、

生垣とかにごみが捨てられていると気持ち悪いんですよね。きれいだったらいいのにっていうただそれだけの思い。

一日一善とか、社会貢献とかそういう思いは特にないです。

 

自分に子どもが生まれて、公園を毎週のように利用するようになって、

「ごみをどうにかしたい」という気持ちが高まっていました。

1ヶ月以上前に、百均で火挟を買ってきました。

それから、近所の公園に行かなかったもので、ようやくデビューです。

 

今のところ、一番近所の公園でのみやる予定です。

再整備されたばかりでとてもきれいな公園なのに、ごみがすごいんです。

他の公園よりもとても多い。それが残念で。

(公園愛護会の活動が、他の公園よりも少ないのでしょうか。花壇はきれいにされているけれど)

 

缶やペットボトルもまあまあありましたが、ダントツ多かったのはおかしのゴミです。

公園のすぐ近くに我が子が通うことになる小学校があって、ほとんどはここの小学生(や卒業生)のやっていることなのだよなと思うと、とても悲しい気持ちになります。

 

ま、私も始めたばかりですから、しばらくがんばってみようと思います。

本来なら公園愛護会に入会すべきなのでしょうけれど、別にゴミ拾いしてばちは当たらないだろうと。

ごみが減って、子どもたちが安全に利用できるようになればいいのです。それだけ。

 

 

一つだけ困ったのは、割れたびん。

一番回収したいごみなんだけど、火挟とビニール袋の装備ではやるべきじゃないかな。

麻袋でも用意しなくちゃいけないだろか。割れたびんには、さすがに憤りを感じますよ。

 

0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    小学生発!Pray for Japan

    search this site.

    profile

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    Twitter

    ブクログ

    links

    recommend

    others

    mobile

    qrcode