ベランダのカブトムシは

ベランダに衣装ケースで飼っているカブトムシ。

先日の雪やら、氷点下やらで心配になりました。

 

優律実もここのところ「カブトムシ見る〜。」と心配??しています。

表面の土が乾燥してくるので、先日じょうろで水をかけたんです。

土と一緒にシャーベットになってしまっていたら・・・。

 

無事であるなら、カブトムシとしてみれば掘り起こさないでくれって思うことでしょう。

結果

衣装ケースにまんべんなく散らせたはずが、真ん中の下部に身を寄せ合っているようでした。

30匹は入っているはずなのに、端の方からは2匹しか出てきませんでした。

その2匹って、いじめられちゃってるのか、それともアウトローなのか。

 

冬場は霧吹きをするとよいってネットでは書かれていますが、大きなケースで飼育しているときは

そういう必要はないのかなって感じています。

確かに表面はカラカラになるんですけれど、カブトムシが冬眠しているあたりまで水分がなくなることは到底ありません。

 

JUGEMテーマ:カブトムシ

0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    小学生発!Pray for Japan

    search this site.

    profile

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    Twitter

    ブクログ

    links

    recommend

    others

    mobile

    qrcode