フィットネスジムの選び方

 

通っているジムが、1月で閉館になってしまいます。

そのため、絶賛ジム移籍検討中です。

そこで、自分がフィットネスジム選びのポイントとしていることをまとめてみました。

なんかのアフィリエイトとかじゃないので、安心して読んでください。

 

  1. 料金
  2. 立地
  3. 設備
  4. 利用可能時間
  5. 定休日

 

優先順位がどのようになるかは、人それぞれだと思います。

それぞれについて見ていく前に、何より

「自分が何のためにジムに通おうと考えているのか。」

「どれくらいの頻度で通おうと考えているのか。」

ということを明らかにしておくことが大事です。

 

私の場合は、「トライアスロンに出るための体づくり」という目的と、

「週2回くらいは泳がないといけないらしいから、平日夕方1日と土日に通いたい。」という予定です。

 

1.料金

 たいてい複数の料金体系があります。

 まず先に、勤めている会社が福利厚生で提携していないかをチェックしておくべきです。

 フィットネスジムのHPに案内があることもありますが、ないこともありますから。

 頻度が低いのであれば、都度会員などもありえます。ただ、都度会員であれば、ジム選びは必要がないでしょう。

 デイタイムに仕事をしている人にとって、たいていはレギュラー会員(無制限)でしょう。

 月4会員などの設定があるジムも多いですが、月4で体力向上するのはかなり無理があります。

 かなりトレーニングの知識がある人になるでしょうね。

 

 2と関係もしますが、お子さんがいらっしゃる家庭では、「ファミリー会員」みたいなものもチェックするとよいです。

 びっくりするくらい安くなることがあります。

 

2.立地(アクセス)

 通いやすいというのは、かなり重要です。

 子どもをキッズスクールに入れて、自分がファミリー会員になるなら、「家から近い」一択です。

 スクールバスの経路や時刻表を見て、お子さんの通いやすさに合わせて決めるのが一番かな。

 そうでない場合は、職場と家の間にあるのが最適です。

 でも、やっぱり家に近い方がおすすめかな。

 帰宅途中にジムに行くよりも、土日にジムに行く方が、行ける可能性が高いからです。

 

3.設備

 どこのジムも大差ないだろう。そう思われるかもしれません。

 有酸素系のマシンは、だいたいどこも充実しているようです。

 ウエイトマシン・フリーウエイトエリアがどのようになっているかは、調べておくか見学した方がよいです。

 フリーウエイトは、どこもそれほど広くとっていませんので、利用ルールもポイントになります。

 パワーラックが1台、利用時間が無制限だとすると、場合によっては常連さんが占有しているかも。

 

 

4.利用可能時間

 営業時間とは別で、注意しておかなくてはならないことです。

 スタジオプログラムに参加するのであれば、自分が通う時間にやりたいプログラムがないと意味がありません。

 また、キッズスクールがあるジムでは、キッズスクールの時間帯に利用できないエリアがあることに注意です。

 今通っているジムの唯一の欠点は、平日夕方は18時半までプールが使えなくなることでした。

 キッズスクールとシェアしている場合は、使用できるレーンが限定されることもあります。

 1kmとか連続で泳ぎたい場合は、そういうレーンが確保できていないと難しいです。

 

5.定休日

 実際に通ってみて分かったのですが、平日夕方に通うのが難しい場合、やはり期待は休日になります。

 そして意外に多いハッピーマンデー。

 月曜日が定休日でだと、通える日がぐっと減ってしまいます。

 

 

以上です。

私は、

・プールをちゃんと使えることが絶対。

・家近がいい。

・フリーウエイトもできるところがいい。

・月曜定休でないところがいい。

・10000円は高い。

って順番ですかね。

 

 

JUGEMテーマ:フィットネス

0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    小学生発!Pray for Japan

    search this site.

    profile

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    Twitter

    ブクログ

    links

    recommend

    others

    mobile

    qrcode