授業研、終了

 

やっと回ってきた自分の番の授業研究会。

5月にスタートカリキュラムの公開授業研究会で発表して以来です。

 

自分がまさかのインフル罹患で欠場なんてことになるわけにはいかないという気合いと根性のせいか、

家族の中で私だけピンピンしています。

(といって、明日あたりばったりいくかもしれないので、いうのははばかられますが)

 

子どもたちの姿をたくさん褒めていただいて、

そして改めて「大事な視点」を言葉でご指導いただくことで、身が引き締まりました。

 

「子どもの思いに寄り添った授業づくり」

というものを本校ではずっと大事にしてきていますが、

子どもの思いに寄り添うというのは、何を考えているかを把握するというだけではないのだということ。

どうして子どもがそういう思いにいたっているのか、その背景をみとるところが大事だということを、

今日改めて感じることができました。

 

クラスの子どもたちが、自分たちで進行したり、話へ反応したりする姿が自然であること。

まさに次の指導要領で目指している姿ということでした。

 

私の心の中の、率直な感想はですね、

「両隣のクラスも、いつもこんな感じの授業をしていますぜ。」

っていうものです。

二人が「私たちだって」と自負されているかどうかは分かりませんが、お世辞でなく事実ですよ。

いつも頭がさがる思いですから。

0

    考えることはあります。

    町田級から流れる子どもの雰囲気に、何かよき特徴があるとするならば、それは私の何によるものだろうかと。

    これは、、、ちょっと言いづらいです。

     

    あくまでも一長一短の話ですけれど、私がコミュニケーションの力を育てるにあたってしている方針は、

    ・話型を教室掲示しない。

    ・極力、学習規律を作らない。

    ・教師も感情的になる。(まあ、一緒に参加するってことになるのでしょうか)

    なんですね。

    一般的に是とされていることの反対を行っているので、言えないんですよ。

    だから「芸当」ってことになってしまいがちです。。

     

    一応、自分なりの理屈はあるんですけれどね。

     

    話型を否定はしていません。論理は必要です。

    でも、音声コミュニケーションと文字コミュニケーションは、おそらく使う脳が違うんです。

    頭の中に入ってきて、整理されていく・理解されていくルートが違うんです。

    話が、ノイズなしの論理文だけになると、物事は伝わりにくくなると思っています。

    また、とくに小学生の段階だと論理が論理になっていないことってたくさんあります。

    話型があると、自分の頭の中で情報を整理できていない状態でも、とりあえず言えちゃうんですよね。

    「わたしは〜だと思います。どうしてかというと・・・だからです。」とか、

    理由が理由になっていないことはしばしば見られます。

    そうなると、話し合いは出口がなくなってしまいます。

     

    型を教えないわけじゃないんです。

    そのときの学習に応じて、口頭で例示することが多いです。

    伝えるポイントとなるところがどこかは、指導します。

    「先生が全部の時間、しゃべる台本作ってきてその通りに読み上げていたらこわいでしょ。」

    ってよく言います。話すってそういうことじゃないんだって。

     

    学習規律については、微妙です。

    私はああだのこうだの細かいことを、くどくどと言いますから。

    いちいち「どうしてそうしない方がいいのか」みたいな理由付きでくどくど言われる方が面倒臭いのは確かです。

    でも、いつだって学習規律については懐疑的で、不要なこと・無意味なことが入っていないかは注意します。

    ルールじゃなくて、しつこく意味を考えさせるってことです。

     

    感情的というのは、結構意識的にやっています。

    「怒るのではなく、叱る」

    という大原則みたいのがありますが、

    世の中のたいていの人は、怒りますよね。

    何より、クラスの友達は、怒ります。

    ですから、「そういうのは嫌なんだよ。」と優しく説くのも一つですが、

    「それは本当にやだ!怒った!」と、ちゃんと怒ったという言葉を出して怒った風に言ってあげるのも指導だと思ってます。

    感情については、他にもいくつかありますが、人間臭さの出る教師でありたいとは常々思います。

     

    あとはブログには書きません。

    教え子も結構見てくれちゃっているので。

    企業秘密の部分もあります。

     

    今日は、授業研を無事に終えたので、調子に乗って饒舌に書きました。

    ごめんなさい。明日からもがんばります。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    小学生発!Pray for Japan

    search this site.

    profile

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    Twitter

    ブクログ

    facebook

    links

    recommend

    教育×破壊的イノベーション 教育現場を抜本的に変革する
    教育×破壊的イノベーション 教育現場を抜本的に変革する (JUGEMレビュー »)
    クレイトン・クリステンセン,マイケル・ホーン,カーティス・ジョンソン

    others

    mobile

    qrcode