こわい話ばかり目についてしまう

 

インフルBの熱が下がりません。

早めの受診、早めのタミフルだったのですが、今朝も39度。

小さな体ではふはふして苦しそうにしていると、かわいそうでしかたありません。

 

便利なネットの時代、こういうときって不安を募らせてしまいませんか。

いろいろと症状について調べているうちに、こわい話をたくさん目にしてしまいます。

知識として知っておくのは、判断材料になるからよいというのは確かですけれど、

医者ではないので、どちらかというと必要以上の不安というかたちになります。

 

昨晩はせきをずっとしていたので、「二次感染型肺炎」というものが気になってしまいました。

「インフルエンザ脳症」というのもこわいとありますが、今のところ娘の症状には当てはまりません。

 

今日は妻と交代制。3時間目までお休みをいただき、看病しました。

午前中は静かに寝ていて、ちょっと落ち着いている様子でした。

夕方、帰ってきてみると、比較的元気な様子ですが、39度のままらしい。。。

頓服薬がなくなるタイミングで、もう一度受診することにします。

 

 

JUGEMテーマ:子育て

0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    小学生発!Pray for Japan

    search this site.

    profile

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    Twitter

    ブクログ

    links

    recommend

    others

    mobile

    qrcode