さいと焼き

今日も公園からは富士山がよく見えます。

けっこう雲がありましたが、山の稜線がよく見えるということは、神奈川西部は快晴なのでしょうか。

昨日の疲れは、それほど残っておらずほっと一安心。

公園まで妻と子どもたちは自転車で。私はリカバリーラン。

 

私の住むまちでは、年中行事である「さいと焼き」が残っています。

 

近隣の町内会ではあちこちで行なっています。

煙が結構出ますから、できる地域とそうでない地域とがあると思います。

私の町内会のさいと焼きも、マンションの前にある公園で行われるので、そのマンションに住む方は1日洗濯物を干せないでしょう。

地域住民の理解があって、楽しみにしていてくれるからこそ、成り立つのでしょうね。

我が家も正月のしめ飾りを持って行き、燃やします。

甘酒が振る舞われ、餅粉で作られたおもち(おだんご)をみたらしとおしるこでいただきます。

お神酒も振る舞われていましたが、このあとジムに行く予定だったので遠慮しました。

(八海山だったから、飲みたかった)

 

かなりの火力があるので、枝にささったおもちを焼くのも大変です。

そして、万が一に備えて消防団も待機しています。

そのおかげもあって、消防服を着させてもらったり、消防車に乗せてもらったりして子どもも大満足です。

寄って行って「消防服着させてください。」と頼む実悠。

で、ついでに寄って行く優律実。

運転席でご満悦。

 

昼寝の時間にぶつかるので、なるべく早めに行きましたが、帰り道はだっこだっこの応酬でした。

0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    小学生発!Pray for Japan

    search this site.

    profile

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    Twitter

    ブクログ

    links

    recommend

    others

    mobile

    qrcode