iPhone Xを1週間使用してみて

iPhone X 使用1週間のレビューです。

と言っても、そんなたくさんありません。

 

 

顔認証(Face ID)

ホームボタンがなくなってTouch IDからFace IDに変わったiPhone X。

 

・サイクルメットにサングラス(黄レンズ)をしていても認証する!

顔認証の技術について詳しいことは知りませんが、顎のラインや鼻の高さなどが大きく関わっているのかなと思います。

よくスパイ映画などで虹彩認証がありますけれど、あくまで顔認証なので眼は認証の一部にすぎないようです。

一応、設定アプリを見ると「Face IDを使用するには注視が必要」という設定があります。

ぐーすか眠っている間に、パートナーにiPhone Xを寝顔で認証させられてしまうことは回避できるのでしょう。

 

・花粉症の人とか、多分無理。

仕事柄、給食の時間にはマスクとバンダナをするのですが、これでは認証できませんでした。

年中マスクをしている人は、マスクをした状態で登録する必要がありそうです。(できるかわからないけれど)

Touch IDは、複数の指(など)を登録できたのですが、Face IDは複数登録ができないようです。(複数人でなくとも)

 

・やっぱり寝ながらは無理!

枕に顔半分を埋めてiPhoneを操作することって、たくさんあると思うんです。

やっぱり無理です。

暗いところでは認証できるときもたまにありますが、期待できるレベルではありません。

この点、Touch IDの方が断然便利でした。

 

 

薄ベゼル

上部のカメラ部分が欠けているのがイマイチという前評判のベゼル。

 

カメラ部分の欠けがどうとかいうよりも、まだ対応したアプリの方が少なく、上部と下部を使用しないで表示させているものがほとんどです。

私の場合、iPhone 6s Plusからの機種変更だったため、多くのアプリは表示領域が小さくなりました。

この辺はアプリの対応を待つところです。ま、不便というほどではありません。

 

 

以上。

iOS11に関するところや、ワイヤレス充電については、別にiPhone Xに限ったことではないので今回は書きません。

カメラについては「きれい」くらいで、レビューできるほど撮っていません。

0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    小学生発!Pray for Japan

    search this site.

    profile

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    Twitter

    ブクログ

    links

    recommend

    教育×破壊的イノベーション 教育現場を抜本的に変革する
    教育×破壊的イノベーション 教育現場を抜本的に変革する (JUGEMレビュー »)
    クレイトン・クリステンセン,マイケル・ホーン,カーティス・ジョンソン

    others

    mobile

    qrcode