座学講座とオーシャンスイム講習

横浜市トライアスロン協会主催の座学講座とオーシャンスイム講習に参加しました。

 

 

座学講座は月曜日だったので、仕事終わりに。

今度のシーサイドトライアスロン大会に出る人もそうでない人もいましたが、集まった方はみなさん初心者の方だったので互いに気兼ねなく初歩的な質問をすることができました。

 

トランジションの様子などを聞くことができたのがよかったかな。

大会参加案内を読むと、スイムの制限時間を超えた場合についてが書かれていました。

制限時間を超えても、完泳さえすれば競技そのものは続行してもよいとのこと。

参考記録として表彰の対象にはならないということでした。

な〜んだ。とっても安心しました。

もともと表彰の対象になんかならないんだから、落ち着いて完走を目指せそうです。

 

 

そして、以前にも1回参加したオーシャンスイム講習。

講師の先生に言われて、ずっと思っていたことがようやくはっきりしました。

買ったウェットスーツは小さい!

う〜ん、今更買い換えはできない。

今年はこれでがんばろう。

 

今回の講習では、

競泳とは違ったクロールの仕方を教わりました。

オーシャンスイムではまっすぐ泳ぐことがとにかく大事。

まっすぐ泳げないからね。

速く泳いで、全然違うところに行っちゃったらそれこそロスだから。

確実にまっすぐ泳ぐことを意識しようと思います。

 

 

JUGEMテーマ:トライアスロン

0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    小学生発!Pray for Japan

    search this site.

    profile

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    Twitter

    ブクログ

    facebook

    links

    recommend

    教育×破壊的イノベーション 教育現場を抜本的に変革する
    教育×破壊的イノベーション 教育現場を抜本的に変革する (JUGEMレビュー »)
    クレイトン・クリステンセン,マイケル・ホーン,カーティス・ジョンソン

    others

    mobile

    qrcode