原点回帰、山中湖へ

この夏にやると決めていた「山中湖ロングライド」を実行しました。

8月に入って、ずっと天候不順だったということで、もう行けないと諦めかけていました。

夏期休暇最終日、天気予報が曇りになっていたので思い切って出かけることに。

途中、小雨に降られたり、ガスが出たりもしましたが、計画実行できてよかったです。

 

 

ロングライドは、トレーニングというよりは旅に近いです。

ある程度、そう割り切っておかないと、途中でスタミナ切れしたときに帰ってこれなくなる心配があります。

(今回は保険として輪行袋を持っていきましたが)

 

行き帰りに同じ道を通ることは、距離感など安心感にもつながるのですが、

「つまらない」

という気持ちも抱きます。

今回はかなり長距離であることと、この前「丹沢湖ライド」をしたので道がかなりかぶってしまうことの2点から、行って来いはやめることにしました。

遠回りにはなりますが、道志村を経由して神奈川県をぐるりと1周するつもりで走ることにしました。

 

道志村までは特段きつい勾配があるわけではないのですが、何十キロも登りというのはかなり堪えます。

 

お腹もすいてきて、「道の駅どうし」に到着したときにはすでにゴール感が出ていました。

「山中湖で1泊か。あるいは輪行か。」なんて気持ちもよぎりました。

 

結局、秩父に行ったときもそうでしたけれど、足が売り切れる原因は勾配ではないのですね。

脚力をつけることも必要だし、スタミナをつけることも必要。

今回は、抜かされることはあっても誰一人抜くことがありませんでした。

つらかった!

山伏トンネルが見えたときは、うれしくて泣きそうでした。

 

 

ふらふらで到着した山中湖。

すぐに飛び込んできました、「三盛荘」。

ここは私が高校生のとき、陸上部の合宿で利用した宿です。

朝飯前6時に出走で山中湖1周走るという1日のスタートという、今思い出しても恐ろしい合宿。

丹沢湖と山中湖、この2つは今でも訪れてレジャー気分になることはありません。

なぜか重い気持ちになるんですね。

 

大人になって、組織で根性論とか精神論をぶつけるのはナンセンスでも、

やはり自分自身へのたたかいのときは、このときの精神力を思い出します。

たとえばフルマラソン。技術も体力ももちろん必要なのだけど、それだけではなく並々ならぬ気力がないと走れないものです。

 

「人に負けても、自分には負けない」

これが私の原点回帰。

 

 

ちなみに、ロードバイクで山中湖1周したら30分かかりませんでした。

高校生の朝飯前ランニングでは52分だったなあ。しみじみ。

 

この後、三国峠で下り勾配18%に地獄を見たり、

Apple Watchのバッテリーがもたず、残り25.3km記録落ちしたりしましたが、

無事に帰宅できました。

182kmは、自己最長ライド更新です。

0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    小学生発!Pray for Japan

    search this site.

    profile

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    Twitter

    ブクログ

    facebook

    links

    recommend

    教育×破壊的イノベーション 教育現場を抜本的に変革する
    教育×破壊的イノベーション 教育現場を抜本的に変革する (JUGEMレビュー »)
    クレイトン・クリステンセン,マイケル・ホーン,カーティス・ジョンソン

    others

    mobile

    qrcode