秩父羊山公園へ、芝桜を見に行く

行こうと思っていた羊山公園。

先週は疲労困憊&やることいっぱい&土曜の天候不順ということで延期。

 

疲労困憊&やることいっぱいなのは変わりないのですが、断行しました。

 

我が家から羊山公園までは、100kmちょっと。

途中に山伏峠という600m程度のヒルクライムがあります。

 

以前の下田ライドで実感したように150kmが足の限界だとすると、往復は厳しそう。

でも、秩父からゆるやかに50kmほどくだると熊谷にたどり着きます。

熊谷には、高崎線直通湘南新宿ラインが通っているので、乗り換えなしで大船まで帰れるんです。

 

というわけで行ってきました。秩父羊山公園へ!

朝6時くらいに出発。

子どもが起きる前に出発しないと、「一緒に行きたい。」と悲しい顔をしてくれちゃうので。

国道1号から瀬谷柏尾道路を通り、厚木街道へ出ます。

相模湖ライドのときに通っているので、ここまでは迷いなし地図確認なしです。

 

厚木街道はほんのちょっとだけ。

町田市辻を左折して、町田街道へ。

この道はちょっとややこしく、行き過ぎてやや戻ったりもしました。

多摩川へ出て、ちょっとだけ多摩川CRを。

 

多摩川CRは、景色もきれいで走りやすいです。

もっと近くにあったらいいのに。

 

本当は多摩川に出たら、川の景色をみながら土手で朝食をとるつもりだったのですけれど、コンビニが見当たらず、もう青梅まで行ってしまおうと思ってしまいました。

朝、出発するまえにパンとバナナは食べてきたのですけれど、どうもこれがよくなかったみたい。

 

お疲れの体から少しずつ力が抜けていきました。

長袖ベースレイヤーに長袖(一番薄手にしたけれど)サイクルジャージを着ていて、暑かったから体力を消耗したのかなとも思いました。

青梅市役所前に、きれいな広場とベンチがあったのでここで一休み。

持ってきてよかった半袖サイクルジャージに着替えました。

 

あとから考えてみると、もうここで引き返した方がよかったかもしれません。

やはり体調が今ひとつで、足が動きません。

たった60kmなのに。。。

ここから峠とか、おろそしすぎます。

 

山伏峠に向かう道で、なにやら山の上に観音が見えました。

近くと看板に「鳥居観音ケニーズ」と。

なんと和洋折衷な!と思いましたが、どうやら、鳥居観音とケニーズは近くにある別物なようです。

(googleストリートビュー参照)

 

秩父といえば山深い。

そう思って、結構どきどきしていたのですが、びっくりするくらい緩やかな勾配。

 

ええ、体調がよければ超ゆるゆるに楽しくサイクリングできたのでしょう。

正直箱根ライドよりも苦しかったのです。

荷物が重かったのか、疲労困憊が影響したのか、栄養補給のタイミングが悪かったのか。

なんと峠に差し掛かるまえに、完全に敗北感。

 

箱根山は押して歩くことはなかったのですが、もう足?腰?が限界で、山伏峠は半分くらい押して歩いた気がします。

「秩父まで、まだ15km以上あるし、これからあと15kmくらい登るのかなぁ。もうだめかも・・・。」

と、峠の途中で休み、iPhoneで残りの道のりを確認すると、現在地がほぼ最高地点であとはくだるのみとなっていることに!!

 

何かの間違いがと思いながら、がんばってちょっと進むと

ありました!峠の標識!

本当にほっとしました。

たくさんのローディーが私を追い越していきました。

「なんでこんなしょぼしょぼ峠を押して歩いているんだ?初心者か?」

と思ったに違いありません。

初心者なのは間違いないのですが、初心者でもこんな状況はないことでしょう。

でもいいんです。もう峠を越したのですから。

 

下りは、ひゃっはーでしたよ。

 

おかげで無事に羊山公園に到着できました。

予定時刻を随分とまわってしまいましたが、でも、つらい気持ちがふっとびました。

 

羊山公園は、この時期交通規制をしています。

でも、自転車は中まで入ることができ、中の駐輪場が利用できます。

駐輪場に自転車はほとんどありませんでした。

 

 

大賑わいの芝桜の丘。

先週行くよりも、今週こそ見頃だったようです。

まばらなところを細かくみるとこんな感じですが、

しきつまっているところはこんな感じ。

 

晴れ渡る青空とはいきませんでしたが、十分に映えます。

 

アップにすると、近所にもある芝桜なんですよね。

観光地としていいアイディアだったと思います。

 

ほんと、きれい!!

 

さて、いろいろと屋台が出ていて魅力的でしたが、「焼きまんじゅう」という見慣れないものがあったので、それを買って食べました。まんとうにみたらしを付けて焼いた感じ。

 

事前のリサーチでは、この辺は「わらじカツ丼」というものがグルメらしいので、それを食べて帰りたかったのですが、

時間が12時半を過ぎていて、今の足で熊谷まで50km走るのは相当しんどそうだと思い、食べるのをあきらめました。

 

いやぁ、熊谷までは長かったです。

ほんと長かったです。

つらかったです。

疲れ果ててからってのは、こんなにつらいのだと身にしみました。

輪行は、2回目だけどもう慣れました。

他の乗客の迷惑にならない時間帯やルート、車両を選ぶ必要があるなと思いますが、便利。

 

今回は、お目当ての芝桜が見れたものの、敗北感に包まれました。

いつかリベンジしたいです。

 

 

今回の教訓

  • 体調管理をしっかり。疲れ果てているなら、無理をしない。
  • 荷物はとにかく軽く!(盗まれる盗まれるっていうから、頑丈な鍵が一番重いんだよ!)
  • もうこの時期は、半袖でいい!
0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    小学生発!Pray for Japan

    search this site.

    profile

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    Twitter

    ブクログ

    links

    recommend

    others

    mobile

    qrcode