教師の基礎基本

教師の基礎基本。
基礎は、職業観。
基本は、教育技術。

基礎なくして、基本なし。
教育技術について、
一斉指導かアクティブラーニングか、
知識注入か問題解決学習か、
個のみとりか集団統制か、、、
基礎がずれた状態でどんな議論をしても無意味。

そして批判に足る多くの場合は、
基礎がずれるというよりも
基礎が欠落しているところにある。



基礎がある人とは、ずれている場合に対話を繰り返すことで埋め合わせていくことが可能なこともある。
もちろん、対話は、職業観についてである。
これなくして、教育技術をどうこう議論しようが相入れるはずがないのである。

授業研究で授業だけを見ても意味がない場合と同じである。
基礎の対話がなされてこそ、授業研究は意味をなすのだ。

教育技術は研究すべき対象ではあるが、実のところ、それ以前にすべきことがたくさんあるのだ。
0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    小学生発!Pray for Japan

    search this site.

    profile

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    Twitter

    ブクログ

    links

    recommend

    教育×破壊的イノベーション 教育現場を抜本的に変革する
    教育×破壊的イノベーション 教育現場を抜本的に変革する (JUGEMレビュー »)
    クレイトン・クリステンセン,マイケル・ホーン,カーティス・ジョンソン

    others

    mobile

    qrcode