連絡先が意図せずfacebookに自動送信されるのを防ぐべし

iPhoneでは、Twitterやfacebookをデフォルトでサポートしていますね。

ここで気をつけなければならないのは、携帯に登録してある連絡先が全てfacebookに自動送信されてしまうことがあるということです。
facebookが連絡先を使う理由の一つは、電話番号やメールアドレスから、facebookを利用している人を見つけ、「友達」にしやすくしてくれるってことです。
人によっては便利な機能かもしれません。
でも、私はこれを「便利」と思う人は非常に少ないと考えます。

気をつけていないと、連絡先に登録してあったメールアドレスを使って、「町田智雄さんはfacebookを利用しています。」みたいなメールを自動送信します。
私がfacebook上で「友達」を見つけやすくしてくれるだけでなく、他の人に対しても「私」を見つけやすくしてくれているんです。


でも、考えてみてくださいよ。
というか、自分の携帯の連絡先を見てみてくださいよ。

例えば、上司の連絡先とか、取引先の会社の連絡先とか登録されていませんか?
そういうところと「つながりやすく」してくれるんですよ。
仮にこれを「便利」と思う人がいたとしても、常識的に考えれば、先方には失礼になる可能性が大きいと言えますよ。

というわけで、利用されたい方は良しとして、私のように「ちょっとこれはよくない」と思う人は、この機能を切っておくに限ります。

危険なのは、携帯を機種変更などした時に、うっかり自動送信の設定をしてしまうことです。
この記事を書いているのも、ちょうどiPhone6sが出てちょっとした時期なので、関係する方もたくさんいらっしゃるのでは。

まず、iPhone側の設定を確認。

「設定」アプリから「facebook」を選択。


「連絡先」をOffにする。

もちろん、「すべての連絡先をアップデート」をやったら、送信されちゃいますよ。
それを押さなくても、「連絡先」がOnになっていると定期的に同期してしまいます。

なお、facebookを使っている人は、「Messenger」アプリも注意が必要です。

メッセージ機能がこちらに切り離されていますが、こちらも連絡先を収集(同期)するようになっています。
「Messenger」アプリを起動し、設定画面へ。

「連絡先を同期」をOffにします。
これで一安心。


いやいや、もうすでにfacebookに送信されてしまった後かもしれませんね。
というわけで、webからfacebookの連絡先を管理するページにアクセスします。

自分のfacebookページから「友達を検索」タブをクリックし、「連絡先を追加」の文章内の
「インポートした連絡先を管理」というところをクリックするのですが、ちょっとややこしいので、
直接ここにもリンクを貼っておきます。

インポートした連絡先を管理
※リンクを直接クリックするのが心配な方は以下のアドレスをコピペしてアクセスすると良いです。
(https://www.facebook.com/invite_history.php)


招待をすでに自動送信してしまっていた場合は、今更感もありますが、招待済みのメールアドレスをすべてチェックし、削除しておくと良いでしょう。


アップロードされた連絡先がある場合は、ここに表示されるので、削除しておきます。


Messengerの方も、確認し、必要なら削除しておきます。


これで、すっきりです。



余談ですが、私は「知り合いかも?」みたいなのが出ているカラムに、
人名だけでなく電話番号まで乗っていたのでぎょっとしたのです。

機種変更した際に、送信されてしまっていたようです。
で、「連絡先」には自分の連絡先も入っているわけで、知り合い候補に自分が出ていたりして変な感じ。
ところがところがびっくりすることに、私の電話番号はまるで違っていました。なぜ・・・??
0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    小学生発!Pray for Japan

    search this site.

    profile

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    Twitter

    ブクログ

    links

    recommend

    others

    mobile

    qrcode