facebookの友達申請について

一番初めにお断りしておきますが、この記事中で出てくる「友達」は一般的な意味ではありません。
facebookのつながりである「友達」を指しています。
私がとても尊敬している目上の方でも、facebookでは「友達」というつながりで表現されてしまうので。


facebookでは、原則、実際にお会いした人で、かつ知り合い以上の付き合いの方とのみ交流させていただいています。
友達申請だけ送っていただいても承認しませんし、
メッセージが入っていても、今後双方にとって有意義な交流となりそうでない限りお断りしています


先日、メッセージ付きで友達申請してくださった方がいましたが、
「ちなみに共通の友達はだれだれさんです。」とまでメッセージにありました。
見たところ、私との共通のお友達の方とは、ほんの一週間前に友達になった様子。

メッセージをくださった方のページを見に行ったところ、何かの勧誘ですとか、悪意があるようには見えませんでした。
ただ、私とfacebookの利用の仕方がちがうだけです。
たくさんの方と友達になって、輪を広げたいという思いのようです。

ですが、どうでしょう。
「ちなみに共通の友達はだれだれさんです。」
は、ちょっとマナー違反なように思います。

その共通の友達とは、私について何か語り合ったのでしょうか。
もしそうであれば、その共通の友達にとりついでもらえばいいのではないでしょうか。
おそらく、その方には全く断りなく、その方の名前を語ったのだと思います。

スパムまがいに、友達の輪を広げる簡単な方法だと思います。
友達になったら、今度は私の友達に友達申請して、「あなたと共通の友達は町田さんです。」とメッセージを入れるのでしょう。
私の友達は、私とのつながり方に応じて「ああ、○○関連の人かな」って思って承認してしまう可能性があります。

つまり、この方がしたことは、メッセージを送った相手に対してではなく、メッセージの中に入れた名前の方に対して失礼だということです。

素直に、「Twitterの相互フォローと同じような感覚です。もし同じような感覚でしたら、友達承認お願いします。」とメッセージしたらよいのではないでしょうか。

facebookも、友達関係にならなくとも、フォローということができるようになっています。
私のつぶやきや記事を自分のタイムラインに表示させたいのであれば、フォローをすればよいことです。


私は友達を選べるほど立派な人間ではありません(そんな人は、私以外でもいないでしょうが)。
それでも、友達って選ぶものですよね。
選んだ自分がえらいわけでも、選ばれた相手がえらいわけでもありません。
単純に、友達は互いに選ぶものだということです。

当たり前のことを書きますが、私の生き方を尊重してくれる方で、私のことを大事にしてくれる方が、私の友達です。
ネット以外の人間関係においても、広く浅くより、狭く深くを好む性格です。
自分のキャパが少ないので、私が精一杯大事にできる幅がせまいので、仕方ありません。
0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    小学生発!Pray for Japan

    search this site.

    profile

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    Twitter

    ブクログ

    links

    recommend

    教育×破壊的イノベーション 教育現場を抜本的に変革する
    教育×破壊的イノベーション 教育現場を抜本的に変革する (JUGEMレビュー »)
    クレイトン・クリステンセン,マイケル・ホーン,カーティス・ジョンソン

    others

    mobile

    qrcode