その問題、本当に「問題」?


ピノノワール第4弾
「エコ・バランス」チリワインです。

ま、価格ともにデイリーワインです。
可もなく不可もなく。中重口。
飲みやすいワインであることは確かですね。
でも、何の特徴もありません。
お店の飲み放題ワインとかに出てきそう。

私なら、これならカベルネソーヴィニヨンをデイリーにしちゃうかな。
誰かにオススメすることもないでしょう。

ところで、前回のVINUSは、結局まとまらない味でした。
もう二度と買わないでしょう。

やっぱり、旨安を見つけるのは、なかなか難しい!
今のところ、1番初めに飲んだdAがよかったかな。
次に多分これ。
2番目と3番目はありません。


ワイングラスワイングラスワイングラスワイングラスワイングラスワイングラスワイングラスワイングラスワイングラスワイングラスワイングラスワイングラスワイングラスワイングラスワイングラスワイングラスワイングラスワイングラスワイングラスワイングラスワイングラスワイングラスワイングラスワイングラスワイングラスワイングラスワイングラス


「課題」と「問題」の区別、つけていますか?

学校現場では、結構こういう用語に独特の使い方があったりします。
意味不明なんだけど
「課題」は与えるもの
「問題」は生まれるもの
とか。

「課題」は目的に近いものです。
達成、実現すべき(したい)事柄や事象をさします。
で、それを達成しようとする上で阻むものが「問題」です。

感情からしてみれば、「課題」に対しては関心とか意欲があるわけですが、
「問題」に対しては切実感があります。


ま、学校現場で、独特の使い方をしてもいいんですけど、
私の解釈が違うっていうのも、別に全然構わないんですけど、
それならそれで、少なくともちゃんとこういう構造は区別しておいて欲しいですね。

でね、
やってはいけない錯誤が。
それは、
切実感があれば「問題」である
という錯誤。

いや、いいんです。
個人的な問題なら。
でも、課題があるのかってことや、課題がはっきりしている上での「問題」なのかどうか。
こういう吟味ができてほしいのです。


経営反省についても同じ。
客観的な根拠に基づく反省、問題点の洗い出し。
それに対して改善提案。
これは常識です。

でも学校現場って、個人的な問題を経営反省に出すなんてことが起きていませんか?
もし、そんなことがあるのなら、世間から最高の笑いものです。

教職はメンタリティに頼っているところがあって、もちろんそれはよさでもあると思うのだけれど、
その分、常識的な反省ができないことは、「大問題」だと思います。
0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    小学生発!Pray for Japan

    search this site.

    profile

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    Twitter

    ブクログ

    links

    recommend

    教育×破壊的イノベーション 教育現場を抜本的に変革する
    教育×破壊的イノベーション 教育現場を抜本的に変革する (JUGEMレビュー »)
    クレイトン・クリステンセン,マイケル・ホーン,カーティス・ジョンソン

    others

    mobile

    qrcode