小学校を休ませるのに、大パニック!

昨日の夜中に実悠が足の痛みを訴えました。

 

 

足の付け根?腰骨あたり?が痛いとのことで、盲腸だろうか、腎臓か腸かなにかだろうかと不安に。

膝も痛いとか言い出したので、これは内科的より外科的な何かではないかと。

でも夜中だし寝ぼけているし、医者じゃないし、分かるわけもなく憶測で判断も余計心配。

 

私も妻も、こういうときはすぐにググる(妻はヤフってる?)んですけれど、

二人とも「股関節炎」では?という疑いに至りました。

 

でも今日は日曜日。

整形外科はやっていない。

というわけで、自分たちの安心のためにも、一応小児科内科へ連れていきました。

もちろん、「まあ、緊急性はないから、明日整形外科に行ってね。」というお言葉をいただきました。

 

ただ、調べたとおりの「単純性股関節炎」だとすると、もしかすると1週間は安静にって言われるかもしれず、こりゃ大変なことだと。1週間も学校に行かせられないとなると、仕事も大ピンチです。

 

まずは実家へ電話。

どうにか今週は、お世話になれそうです。

 

次に、連絡帳。

「病院に行って、診断結果により、遅刻欠席の連絡をします。」

と書く。

そして、持って行ってくれる人へお願いに。

 

その次は、校外委員さんへメール。

登校班で行かないときは、必ず連絡しなくてはならないとのこと。(校外委員さん、大変!)

 

明日は、登校班が集合しているところへ行って、休むことを伝えにいかなくては。

放課後キッズクラブへの電話もしなくては。

 

職場の自習体制を整え、子看休暇の電話。

 

 

安静にしていれば登校してもよしと言われたら、学校に事情を説明に行って、お願いをしなくては。

車椅子とかになったら、う〜ん、正直休ませちゃうかな。

トイレがかわいそうだし。まだ1年生だから、他の子が何かのはずみで車椅子で怪我しちゃうといけないし。。。

 

夜には、朝ほどの痛みを訴えなくなったので、早めには治るかもしれませんが

痛いのは私ではなく実悠なので、無理してほしくない。

 

いや、それにしても、保育園と違って、休ませるときの手続きの多いことにびっくり。

 

 

 

JUGEMテーマ:子育て

0

    GW恒例

    我が家のGW恒例となっているのが、根岸森林公園ピクニックです。

     

     

    花見の季節はずいぶんと混んでいるようですけれど、GWはにぎわっていても混雑しているという気持ちはしません。

    木々の黄緑色がとても気持ち良く、ちょうど芝生の上にレジャーシート敷いてご飯を食べたり、子どもと走り回ったりするのに適しています。

     

    赤ちゃん含めて、小さな子を連れた家族が多いなと思います。

     

    GW明けに実悠が早速、学校で遠足に行くようなので、今日はその練習も兼ねています。

    お弁当と水とう、敷物が入るリュックを買いました。

    実悠は自分の持ち物を入れて、1日歩くことに。

    やっぱり疲れたようです。がんばれ。

     

    今年は、根岸競馬場跡公園の方にも行きました。(ま、根岸森林公園の一部だと思いますけど)

    野原を駆け回ったり、池の亀を見に行ったりするのも楽しいのですが、子どもにとってみるとやはり遊具遊びもしたいようです。

     

    「幽霊のお城みたいだね。」

    というと、実悠も優律実も「そうだよ!」と。

    「あ、今あそこから見ていたよ。」

    というと、優律実も「あ、今見てた!」とか。ほんまかいな。

     

     

    ちなみに、競馬場跡公園には「ここは撮影禁止区域です。」という看板がありました。

    個人で楽しむ分にはよいとのことです。テレビの撮影とかがだめなのかな。米軍用地があるからなんでしょう。

     

    長めのローラー滑り台や、ターザンロープなど、遊具が充実しています。

     

     

    それにしても、今日は暑かった!

    帰りは、Googlemapsで見つけた点線に「きっと道があるはず」とたどり、根岸小裏に出るコースを発見しました。

    森林公園入り口側から入るならいつもの道(それも裏道みたいな階段コースだけど)でしょうけれど、こちらは帰り道には適しているかも。

    0

      アカツメクサのジャムを作ろう!

      近所の公園は、シロツメクサ(クローバー)、たんぽぽ、ブタナ、アカツメクサ、大犬のふぐり、カタバミ、ヒメジョオンなどお花畑のように雑草がきれいに咲いています。

       

      アカツメクサが綺麗に、そして大量に咲き始めました。

       

      3月の土筆に続き、「これも確か食べられたはず。」ということで、調べてみました。

      シロツメクサは炒め物とかおひたしにすることができるようで、

      アカツメクサは、ハーブティーにしたりジャムにしたりできるよう。

       

      というわけで、アカツメクサジャムに挑戦することに!

      紫が濃い、綺麗なやつを、私とさねゆりの3人で集めました。

       

      火にかけると一気にかさが減るので、多めにとりました。

       

      まずは、砂や虫などよけいなものを取り除くために水洗い。

      がくの部分をどうしようかと迷いましたが、おそらく蜜はぎりぎりのところに入っていると思うので、硬そうなところだけとり、あとは手でバラバラにしました。

       

      お砂糖を入れて火にかけます。

       

      砂糖というか、うちはてんさい糖なので色が茶色くなってしまいそう。

       

      さねも真剣です。水気がとぶまでことこと煮詰めます。

       

      あとちょっと。

      でも、思いの外、繊維質でもさもさした感じに。

      果物のジャムとはちょっと違うってことですか。

       

      できあがりはこんな感じ。

      トーストにのせて食べました。

       

      どこかで味わったことのある味なんだけど、思い出せない〜。でもやっぱりハーブ系かな。

      とろりとしなくて「ん〜。」というところだけど、何事も経験です。

       

      繊維質が多いので、もっと砕いてからの方がよかったのかな。それともこんなものなのか。

      食べるジャムって感じです。

      紅茶に入れると美味しそう。

      0

        つくしだれの子すぎなの子

        近くの公園に、土筆(つくし)がたくさん生えていました。

         

         

        子どもの頃、近所の土手にすごく陽当たりのよく、1月下旬から土筆が出てくるところがあったのを思い出します。

         

        「つくしって、食べれるの知ってる?」

        と実悠に聞いてみると、

        「ええ〜知らない。食べれるの?」

        と興味津々。

        そこで、土筆を採って佃煮にしてみることにしました。

         

        こういうのは、体験が大事ですね。

         

        一緒によさそうな土筆を選んで採り、持ち帰りました。

        袴を取る作業が大変なのですが、これもまた体験。

         

        子どもでも食べられる、佃煮にしました。

         

        「おいしいね!でも、ほんとにほんとにちょっっっっっとだけ、まずい。」

        という素直な実悠でありました(笑)。

         

        ほろ苦さがあるので、大人向けではありますね。懐かしい味でした。

        0

          映画館デビュー「ドラえもん のび太の宝島」

          ここのところ実悠が、「ドラえもん のび太の宝島! ふふふふ〜ん♪どどどどどどどどどっどーらえもん♪」ってしきりに歌っているので、そろそろ映画館に連れて行ってみるかと決心しました。

           

          実悠はテレビっ子だし、多分じっと見ていられるんですけれど、問題は優律実の方ね。

          まだ2歳で長時間は耐えられないんじゃないかなと。

          まあ、そのときはそのときで、私か妻が途中退出しようと。

           

          いやあ、もう実悠がかわいくてかわいくて。

          じっと映画を観る横顔、そしてふっと脇にあるポップコーンをがさがさして食べる様子。

          愛おしいです。

           

          ゆりちゃんもポップコーンを食べまくっていました。

          そのおかげか、かなり耐えました。

          映画にも興味津々で、いろいろコメントしながら観ていました。

          お話に話しかけちゃうところが、優律実のかわいいところ。

           

          家に帰ってからも、ずっとドラえもんの話をしていたので、楽しかったのだと思います。

          よかったよかった。

          こちらも嬉しくなる春休みの1日になりました。

          0

            ひなまつり

            ささやかながら、ひなまつりをしました。

            蛤のお吸い物って、美味しいですよね。

            お子さん二人は、ちらし寿司がヒットしたようで、おかわりしていました。

            優律実がまだ2歳なので、なまものは入っていません。

             

            (一番気に入ったのは、桃味のカルピスだったようですが)

             

             

            夫婦での会話

            「雛人形は、すぐにしまわなくちゃ!!!!!」

             

             

            いつも楽しい動きを見せてくれる優律実ですが、

            荒い気性が落ち着いてくれるよう、祈るばかりです。

             

            JUGEMテーマ:子育て

            0

              5歳になりました

              先日、実悠が5歳になりました。

               

              すでにたくさんの思い出があり、たくさんの幸せをもらっていますが、

              それでも「早いものだ」としみじみします。

               

               

              誕生日カードに、成長の喜びとすきすきメッセージを書きました。

              いつもなら、声に出しながら読む実悠ですが、そのときはじっと目で読んでいました。

              「心の中で読んだんだ。」と言っていました。

              寝る前にもう一度読み返してくれた姿にも、愛おしさを感じました。

               

              これからの成長ももちろん楽しみではありますが、「このときをずっと」という気持ちも持ってしまいます。

               

              ちなみに、誕生日プレゼントは、クリスマスのときにご所望だった「子どもギター」を贈りました。

              0

                冬の午前中は、公園がらがら。

                久しぶりのスラックライン。

                今日は7歩くらい歩けました。

                 

                だいたい公園がにぎわいだすのは、11時すぎという気がします。

                我が家は11時すぎには家に帰るので、だいたい空いています。

                冬は余計に空いています。

                偶然混んでいるときもありますけれどね。

                 

                わたしもやりました。マンホールの穴にひたすら枝を落とす遊び。

                「公園の中にもマンホールあるんだ!」と実悠は喜んでいましたが、

                確かに砂地で子どもが遊ぶところにマンホールって、詰まってくれといわんばかりですね。

                 

                子どもを公園に連れていくのはどちらかの役目で、残った方が家事をしたり仕事をしたりしている家庭が多いようですね。

                我が家はほとんど4人揃って公園に行きます。

                「一緒にいたい」ただそれだけ。

                 

                小学校に上がっちゃったら、きっと友達と遊びに行っちゃうんですよね。

                今の幸せな時間は、私の人生の中でかけがえのないものです。

                 

                JUGEMテーマ:子育て

                0

                  招待状が届きました

                   

                  最近、鏡文字が増えたような気がしますが、気のせいですかね。

                   

                  保育園へお迎えに行くと、実悠がなにやら紙をもって出てきました。

                  誕生日会の招待状だそうです。

                  「まちださねはる もうすぐ たんじょーびです おとうさん ゆりちゃん おかあさん」

                  と書いてあります。

                  さねちゃんは、「ほんとうは、おいわいしてねってかこうとおもったんだ。」

                   

                  なるほど、バースデーカードというか、逆バースデーカードなわけですね。

                  「誕生日おめでとう」っていうカードではなく、「誕生日おいわいしてね」っていうカードだと。

                  すてきです。

                  誕生日会って開くのは私たちなんですけれど。おもしろいなあ。

                   

                  もうすぐ実悠は5歳になるのです。

                  早いなあ。5歳ですよ。しばらくときがとまってもいいのに〜。

                   

                  JUGEMテーマ:子育て

                  0

                    お願い事があるそうで

                    夕方、実悠から

                    「ねえ、お父さん。ちょっとお稲荷さんに行って、お願いしたいことがあるから、一緒に行ってくれない?」

                    とお願いされました。

                     

                    我が家の近所に、本当に小さい(けれど、いつも綺麗に管理されている)稲荷があるのです。

                    どうもそこに行きたいそうです。

                     

                    実悠がお参りして何をお願いしたかというと、

                    「大人になったら、子どもが生まれますように。」

                    だって!

                     

                    実悠は、よく「早く大人になりたい。」と言います。

                    私は、「大人も幸せなことがいっぱいあるけれど、子どものときにしかない幸せもたくさんあるから、子どももいいよ〜。」と言います。

                    あこがれがいっぱいあるのですね。私が何か教えて、実悠がはっと気づくことがあると、

                    「さねちゃんも、大きくなったら自分の子どもに教えてあげるんだ〜。」って言っています。

                     

                    この子が(もちろん優律実も)幸せに子ども生活をして、そして幸せな大人になることを願う私でありました。

                     

                     

                    JUGEMテーマ:子育て

                    0

                      | 1/6PAGES | >>

                      小学生発!Pray for Japan

                      search this site.

                      profile

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      Twitter

                      ブクログ

                      links

                      recommend

                      others

                      mobile

                      qrcode