2度目の沖縄離島旅行

今年の夏旅行は、2度目の沖縄離島旅行に行きました。

4年前、新婚旅行で行って以来です。
今年は、さねはるも一緒の3人旅行。本当の家族旅行という感じがします。



私はANA派。特に理由はありませんが。
マイレージサービスというのは、ある意味すごいですよね。
こうやって、特に理由がなくってもマイルを一つにまとめておきたいと思うだけがその航空会社を選ぶ理由になってしまうのですから。



今回は、台風12号と台風11号が発生していたので、旅行そのものがかなり心配されました。
行きの便は、台風12号に重なるかどうか。
幸い大陸側に抜けてくれたようで、無事でした。ただ、その影響か雲がたくさんありました。



竹富島に到着。
 飛行機で羽田ー那覇ー石垣
 フェリーで石垣島ー竹富島
1日目は、半日移動にかかりました。
さねくんも宿について安心。

実は、朝一から京浜急行が横浜ー川崎間で運転をストップしており、ひやっとしたのでした。
川崎までJRで行って、少し歩いて京急川崎駅まで行くかどうかとも迷いましたが、
YCATに行き、空港バスで向かうことにしました。
YCATは長蛇の列。
家を早くに出ていたので、空港到着してからも時間に余裕があり胸を撫で下ろしたのでした。
早くでていてよかった!



いつもならば、宿はあまりリゾートを選びません。
前回沖縄離島巡りをしたときも、2日分リゾートを選びましたが、リゾートホテルは作られた感があって、「それならわざわざその土地に行かなくてもいいじゃん」と思えてしまうので、きらいがあったのです。
でも、小さい子どもがいるとなると、他に迷惑をかけず、かつ子どもものびのびとできるところの方がよく、そうするとリゾートに宿泊するというのもありなのかと思ったのです。

星のや竹富島
竹富島の民家をイメージした、一戸一戸なので、さねくんものびのび。
ベッドでごろんごろんしたり、部屋中を走り回ったり、のーびのび。



夕食はインルームダイニングにしました。
口コミでは「冷や飯でまずい!」と不評を見ましたが、温かい料理で味もおいしかったです。
固形燃料もつぎたし用を用意してくれていました。
おむつゴミ入れを準備してくれたり、子どもようにベッドメイキングし直してくれたり、たすかることばかりでした。

朝食はダイニングに行きました。和食と洋食が選べて、私は洋食。(妻は和食)
おしゃれな朝食。




雲はあるものの、晴れています。
さねくんは、大きな葉っぱが気になって、一人でちがう道をとことこ。
「あっ!あっ!はっぱ!はっぱ!」
とはしゃいでいました。



ちゃんとシーサーもいましたよ。



2日目は、集落側。
西の桟橋からコンドイビーチ、そしてカイジ浜へと。
青い海にさねくんも感動?!
やどかりがたくさんいるのです。
やどかりを見つけては、「あっ!」と指差していました。




夕食後、西桟橋から夕日が沈むのを眺めました。
静かなひととき。
・・・と思いきや、さねくんにとっては夕日よりも海に関心があり、
怖いもの知らずなものですから、桟橋からどんどん飛び込もうとするのでおさえるのに必死でした。
すてきな肩車姿というより、さねはる捕獲という感じですかね。




3日目に、小浜島に移動しました。
こちらでも星のやグループのリゾナーレ小浜島。

もう一つリゾートホテルが隣接しています。
新婚旅行のときは、もう一つの方に宿泊した記憶でしたが、どこもかしこも記憶にあったので、どうやらこちらに宿泊していたようです。

今回、本当にリゾートホテルを選んで正解だったと思ったのは、やはりさねくんがのびのびできたことです。
プールが相当気に入ったようです。



奥の方に、滑り台が見えるでしょう?
もちろんさねくんは、お父さんにつかまっていなければプールに入れませんし、
プールに入っていく階段のところで数段入れる程度です。
でも、どんどん降りようとするし、プールサイドに上げると、プールに飛び込もうとするし。。。
5歳〜小学生くらいの子どもたちが滑り台ではしゃいでいるのを見て、
なんと「自分もあれがやりたい」と思ったようなのです。
滑り台ののぼりくちの方へ自分で歩いていき、のぼろうと。
そしてのぼれないと、私に「やる!」という気持ちを訴えてくるのです。
だだっこのようです。

仕方なく、妻にプールの中で万が一のために待機していてもらい、私と一緒に滑ることにしました。
着水の瞬間に私は抱えている腕を上に上げて、妻がさねをつかまえるという算段。
私はプールの中に沈みます。

それはもう、大ヒットだったようで、その後も、次の日も何回もやることになったのでした。



台風11号は、東にそれて、沖縄本島はかすめた様子でしたが、離島は全く無事でした。
おかげで、全旅程晴れの中、楽しむことができました。

乗り物好きのさねはるにとって、電車にもバスにも飛行機にも船にも乗れて、
また、たくさん動いているのを見ることができて、それはそれは大満足だったようです。

夫婦ともに、リラックスはしたもののどっと疲れましたが、
さねくんが終始楽しんでいたことが何よりでした。
子どものための旅行というのもよいものですね。

沖縄離島は、かなりハマりそうです。
さねくんがもっと大きくなったら、今度はカヌーとかシュノーケリングとかもしたいなあ。
0

    旅行のかわりに

    今夏、予定していたトルコ旅行をキャンセルしました。

    のっぴきならない事由により、あきらめはついていましたが、
    できることのうちで少しでも気分転換できることがあればと考えていました。


    8月3日〜4日に行われる「ともしびプロジェクト東京協議会」に参加できることになったので、六本木に1泊することにしました。

    開業5周年ということで?!リッツカールトン東京に宿泊することに。

    宿泊したのは52階。
    六本木ヒルズの森タワーをも見おろす感じです。
    夜景がとてもきれいでした

    大理石の広いバスタブや独立したシャワールーム、いいです。
    洗面台がちゃんと2人分あるのにはびっくりしました。

    ウェルカムスイーツに巨峰をいただいたり、
    夜にはミネラルウォーターとチョコレートを持ってきてくれたようです。
    (私は懇親会、二次会と参加していたので、部屋に帰ったのは深夜でした)

    朝食はビュッフェ。
    ベーカリーが魅力的でした。
    ビュッフェと言っても、朝ですし、部活してる高校生ではないですから、
    ちょっとしかいただきませんでしたけどね。
    でも他にもおいしそうなのはたくさんあったなあ。

    眼前には、東京タワーが。
    お台場やレインボーブリッジも見えました。

    レイトチェックアウトが可能なプランだったので、
    プロジェクト協議会終了後、またホテルに戻りました。

    53階のクラブラウンジで軽食。
    ちなみに、飲み物はワインではありませんよ〜。
    ローズマリーティーみたいなやつです。

    部屋でお昼寝

    最後にアフターヌーンティーをいただいて、チェックアウト。

    そもそもがリッチなプランですから、お得感があるか分かりませんが、
    クラブラウンジでの飲食は全てタダです。
    1日5回のフードプレゼンテーションがあり、時間帯によって食べれるものが違います。

    私はほとんどホテルにはいませんでしたが、妻はだいぶ満喫できたようです。よかった。
    一緒に夕食できたらよかったな〜とは思うけど・・・。

    時間があれば?!伊豆とか近場に1泊したいなあ。
    ともしびプロジェクトの協議会については、また別記事で。
    0

      イタリア旅行記

       イタリア旅行の思い出を書きます。
      長くなるけれど、記事を分けると時系列がくずれるので、一つにしようかと。

      成田空港。朝早い便だったので、前日にホテル日航に宿泊しました。
      朝一は、お店と同じでカウンターには誰もいないんですね。

      12時間のフライト。機内食が出ました。
      行き先はミラノだったので、ローマで一度乗り継ぎました。

      降り立った異国の地。実は私、初の海外旅行なのです。
      イタリアの気候はほとんど日本と変わりません。
      若干、イタリアの方が平均気温が低いのかな。
      日が長いことと、夏でも乾燥している感じはしました。

      1日目は、夕方に着いたのでホテルで夕食をして寝るだけでした。
      イタリア内でもずいぶんと物価が違うのか、ミラノの宿はどこも高かったイメージがあります。

      2日目。ミラノだけではないですが、イタリアの街には路面電車がたくさん走っています。
      車の往来は多く、交通ルールは適当な感じ。

      実は、夜中から胃腸が痛く、朝から具合を悪くしてしまいました。
      早速ですよ、早速。まだ慣れない地の食事にとかいうレベルでもありません。
      今日は歩き回る予定でしたので、かなり苦しかったです。

      ドゥオモに行く手前のアーケードです。
      イタリアでもここに来る人は観光より買い物が多い様子。
      日本でも知られたブランドショップがあちこちにありました。
      マクドナルドもこんなところにあるとおしゃれなお店に見えちゃう。

      イタリアに来て、初めての大きな建造物!圧巻!
      このときは、まさかこんな教会をたくさん見ることになるとは思いもよらず。
      ちなみに、イタリアはスリが多いとか、ジプシーやぼったくりが多発と聞いていました。
      ドゥオモの前にも、ミサンガもってる人がいましたよ。
      勝手にまきつけてあとから金を要求してくると。
      私に近づいてきたのは、鳩のえさを渡そうとしてくる人。
      みなさん、大丈夫ですよ。相手がニコニコしながら何か分からないこと言ってきて、
      なんて言ってるか分からなくても。たった一つの言葉を知っていればいいんです。

      「NO!」

      これでオッケー。険しい顔で強く言うこと。
      なめられちゃいけません。

      ドゥオモに入るには、警備がいて、持ち物チェックや服装チェックがあります。
      教会ですから、帽子はとる・女性なら袖のある服をはおるなどマナーがあります。
      持ち物チェックについては、日本人相手には適当にチェックされるよう。

      この日は暑かったのですが、熱も出ちゃって苦しかった!
      胃腸も痛いしでフラフラ。おまけにベネチア行きの電車の時間が。。。

      駅は、大きな電光掲示板。
      チケットは、緑の窓口みたいなところはすごい行列です。
      券売機はすいています。クレジットカードで購入ができます。
      カードはATMのように吸い込んで取引終了後に出てくるのではなく、
      決済のときにリーダー部分にはめるだけなので、心配がありません。

      ちなみに、席の並びがよく分かりませんでした。
      横並びがよかったんだけど、向かい合わせとかにしかならなかった。。。
      3時間近くゆられ、ヴェネツィアへ。
      車窓から橋を渡る様子を撮影しましたが、窓ガラスが汚れていて残念。

      ヴェネツィアの街並は、すぐに気に入りました。
      元気だったら、ここで鬼ごっこをしてみたい!
      小さな運河が街中に流れています。道はせまく、行き止まりもたくさん!

      夕方に到着したので、ホテルに荷物をおいて、夕食がてら散策。
      具合は絶不調でしたから、薬局を探しました。
      ホテルの人に「近くにドラッグストアはありますか?」
      って聞いたら「ドラッグ?!」と驚いてみせるパフォーマンス(笑)
      ドラッグストアは、古い世代の言い方で、最近はファーマシーなんです。
      緑と白で十字のマークを探せば、結構簡単にみつけられます。

      全然イタリア語を勉強していかなかったので、当然あいさつくらいしかしゃべれないんですが、
      一応症状を伝える必要がありますから、こんなときはiPhoneにおたすけいただくのです。
      今回の旅行で使ったアプリは2つ。
      1つはGoogle翻訳。日本語入力したものを、イタリア語に変換できるし、さらにそれをしゃべってもくれる。ただし、精度は悪いと感じます。通じるかはギモン。
      もう1つは、指さしイタリア語会話。旅行などで必要そうなだいたいのものが載っていて、
      それを指さしながら見せて伝えるというもの。タップすれば音声も出ます。
      これで「熱がある」と伝えると、すぐに薬を出してくれました。
      「3錠飲め」と出してくれたはいいけど、さすが外国。1錠がでかすぎる!
      これはとても飲めない・・・と思いました。
      (結局、妻が持ってきた葛根湯を飲み、これは旅行のおみやげになりました)

      ついでに、歯ブラシを買いました。(これもでかかった)
      ホテルのアメニティって、日本なら普通にそろっているものと思いますが、
      イタリアで宿泊したホテルには、アメニティの中に歯ブラシは含まないようです。
      ここで買ったものを最終日まで使いました。


      3日目。
      だいぶ元気になりました。
      ヴェネツィアに魅了されてしまったので、できればもう1泊したいところでしたが、今日はフィレンツェ宿泊なので、半日観光です。
      ヴェネツィアといったらゴンドラ!と思ったのに、駅に降り立っての印象は水上タクシーがほとんどだったということ。よく見れば、水上タクシーはリーズナブルなんですね。遊覧&目的地へ行ってくれるということでこちらを利用する人がほとんど。

      とりあえず、サンマルコ方面に散歩しました。
      途中、市場がありました。魚もフルーツも。活気があって通るだけでも楽しい♪

      サンマルコに行くには、必ず1つの橋を通らなくてはいけません。
      そこがまた不思議。大運河に橋を渡すのは結構大変だったということでしょうね。
      リアルト橋のところで、ゴンドラを見つけたので、船頭さんと交渉。
      これがびっくり!50€/kmと!遊覧するには4kmが相場で200€頂戴しますと。
      20000円以上ということです。
      ただ、1人で乗ろうが6人で乗ろうが同じ料金だと。
      妻と2人で200€は・・・と思っていると、同じくゴンドラに乗りたがっている韓国人が。
      ここで「4人で乗りませんか?」と声をかけると、そうしようと。
      ま、高いままではありますが、ゴンドラに乗らずにヴェネツィアを出る事はできない!と決めていたので、よかったです。

      韓国の旅行者2人と乗り合わせてよかったのは、お互いに写真を撮れることですね。
      ゴンドラは、ほとんど揺れず、乗り物酔いする私でも大丈夫でした☆
      小さな運河もがんがん行きます。
      曲がり角には、いわゆるカーブミラーがあるんです。おもしろい!
      ない曲がり角に近づくと、船頭さんが大きな声を出して、確かめます。
      「誰かいるかー?」みたいに叫んでるのかしら。

      楽しい遊覧を終えて、サンマルコ広場へ向かいました。
      昼間はさすがに観光客がごったがえしていました。

      さて、港からは、ジョジョ好きなら必ず分かる、サンジョルジョマジョーレ教会が見えます。
      鐘楼にのぼることもできるようで行ってみたかったですが、岸からみるだけに。
      次の機会には、きっと。

      また来ます。きっと。

      ヴェネツィアに別れを惜しみ、ユーロスターに乗車。
      フィレンツェに到着したのも、夕方。
      日が長いので、変な感じがしますが、19時はすぎていたかな。
      ホテルに荷物を置き、夕食へ。
      ヴェネツィアは雰囲気的に治安の良さを感じさせましたが、
      再びフィレンツェは、怪しげな雰囲気を感じます。
      おそらく、駅の近くがよくないんですね。

      4日目。
      すっかり元気になりました!フィレンツェは2泊なのでゆとりがあります。
      アルノ川沿いを歩きながら、まずはミケランジェロ広場へ向かいました。
      水面がおだやかで、とっても気持ちがよかったです。

      ポンテヴェッキオは、そこを歩くとただの商店街のようなので、外から見るのがよろしいですね。ミケランジェロ広場からも見えます。
      このあと、喉が渇いてよったカフェがとってもおしゃれでした。
      カフェシェケラートという、冷たいエスプレッソも初めて飲みました。

      午後は、クーポラに登りました。
      ぐるぐる階段に目が回りそう。
      でもてっぺんからのフィレンツェの眺望は息をのみます。
      天気に恵まれてよかった。

      その後、ウフィツィ美術館へ。
      ミケランジェロのダビデ像がある美術館です。
      写真撮影はNGだったので、写真はありません。
      美術の教科書とか、本でたくさん載っていますが、まさかあんなに大きいとも思わなかったですし、像ですから後ろから見る事もできるとは。
      一見の価値がありますよ。

      夕食は、そろそろ味の濃さに疲れてきたのもあり、チャイナレストランに入りました。
      8時半頃、日が沈むので、再びアルノ川へ出ました。
      きれい。
      ミケランジェロ広場からの夕景も見てみたいですね。


      5日目。
      今日はナポリに向かいます。
      だいぶ電車にも慣れました。
      ナポリは、とにかく治安が悪いから気をつけた方がいいと聞いてます。
      初の海外旅行者としては心配なかぎり。

      ホテルはサンタルチア周辺と駅周辺にあるようですが、
      夜着するかもと思っていたので、駅近のほうがいいと思ってました。
      でもよくよく調べてみると、駅周辺は治安が悪いようですね。

      今日はサンタルチアや城を観光して、明日の午前中はポンペイ遺跡に行こうかと考えていました。カプリ島は混んでいて、船上で数時間ぐるぐる順番待ちしなくちゃいけないという話もあり、行く予定には入れていません。

      ホテルのロビーに怪しげなおじいさん。
      ポンペイ行かないか?と誘ってきました。
      英語はあまりしゃべれない様子で、正直何言ってるかよく分からず。
      「ポンペイは明日行く予定なんです。今日は市街地方面へ・・・」
      と言ったら、全部車で回ってやるとのこと。
      60€/人とのこと。ホテルの人も「行ってきたら?」みたいな^^;

      所場代払って、ホテルで観光客を誘っているようです。
      よくない組織だったらとかいろいろ考えちゃいますが、
      値段としては妥当ないし、少しお得なぐらいかな。
      というわけで、お願いしたのでした。

      いかにもナポリの人って感じで陽気なおじいさん。
      しゃべってる英語は、なまりすぎていてよくわかりませんが、ポンペイ遺跡へ行き、その後サンタルチアなどを車で回ってくれました。
      ポンペイ遺跡は規模が大きい!
      こんなに栄えた町が、一夜にして廃墟となるヴェスビオ火山の噴火。
      おそろしいですね。

      サンタルチア港には、とても水に浮かんでいるとは思えないような、超大型客船が停泊していました。マンションより大きいんだから、すごいことです。
      あんな豪華客船でクルーズもしてみたいものです。

      駅近でおいしいと有名なレストランで夕食しようと思いましたが、あいにくの定休日。
      ホテルでは、グリルが故障しているから軽食しかできないとか(>_<
      仕方ないので、ホテルのすぐ近くのレストランへ。
      まさかここが忘れられない食事になるとは夢にも思いませんでした。

      魚介がめっちゃくちゃおいしい!
      ナポリは食べ物がおいしいとは聞いていましたが、こんなにおいしいとは!
      ワインもいただきながら楽しい時間をすごしました。
      ホテルの数十メートル先だったので、ゆっくりできました。

      ナポリも今度は数日滞在したいものです。


      6日目。
      いよいよ最終目的地ローマを目指します。
      ローマは見たいところがたくさんありますから、時間をたっぷりとりたい。
      朝一番でローマに向かいました。最後の列車なので、1等車に。
      やはり快適。新幹線のグリーン車ほどではないですけど。

      ローマ周遊には、ROMA PASSがおすすめです。
      25€で3日間、地下鉄やバスが乗り放題。
      観光スポット2ヶ所入場無料。それ以降は割引。
      簡単に元はとれますし、それぞれの場所でチケット購入に並ばなくてよいのが最大のメリットです。
      一度ホテルへ。チェックインはまだまだできませんが、大きな荷物を預かってもらいました。

      まずは、バチカン市国をめざしました。
      サンピエトロ大聖堂。カトリックの総本山です。

      ここでもクーポラを登ることができ、バチカンを一望できます。
      眺めも素晴らしかったですが、大聖堂の中も本当に素晴らしかった。
      こんな大規模なものを、つくってしまう、つくれてしまうことがすごい。

      バチカンからは散策しました。ローマの休日コースですな。
      スペイン広場。
      ここでは薔薇をさしだす外人が。
      これもミサンガ系と同じでしょうな。

      トレビの泉。混み混み。コイン投げはしません。

      地下鉄に乗り、ホテルへ。
      ダブルで予約していましたが、ジュニアスイートへアップグレードされていました。
      最後の宿泊場所に粋な計らい。嬉しいですね。

      夕食は近場のレストランへ。
      ウェイター、日本人がずいぶん好きらしく、注文後もふらふら立ち寄っては
      「サムライ!」などと知ってる日本語を言ってきました。


      7日目。
      一日ローマ観光。
      大本命のコロッセオへ。
      古代建築には、ただただ驚かされるばかり。
      コロッセオ入場は大行列でしたが、ROMA PASSがあればすぐに入場できます。
      外には、グラディエーター姿の人がいますが、ぼったくりがいるから要注意です。

      続いてフォロロマーノ
      コロッセオもこの一帯の遺跡の一つです。

      カラカラ大浴場。
      ローマ市民が集えるユネッサンみたいなものでしょうか。
      さまざまな娯楽施設が入っていたとか。


      8日目。
      これで楽しいイタリア旅行もおしまい。
      午前中は、おみやげ購入。本屋に行って、日本旅行のガイドブックを買いました。
      私が買ったのはいわゆる京都など歴史遺産がたくさん載っていましたが、
      他のガイドブックには秋葉原とかオタクとか載ってました。

      ゆとりをもって空港に行く計画。
      ホテルでタクシーを予約していたのですが、ちょっと来るのが遅かった。
      そしてなななんと、出発して3分ほどで事故!
      イタリアの交通については上にも書きましたが、交通ルールってものがあるのかって思うくらい運転があらいです。高速でも車間距離ぎゅうぎゅうつめてくるし。おそろしいったらありゃしない。・・・でもイタリア人同士はなぜだか事故らない。ふしぎ。

      今回事故ったのは、観光客のレンタカーと。
      それにしてもさすがイタリア人。事故ってものんき!
      こっちはかなり焦りました。
      何やら電話をかけて、代わりのタクシーを読んでいる様子。
      ようやく来たのは・・・タクシーではなかった!
      そのタクシードライバーの友だちって感じ。
      友だちの中で一番の走り屋を呼んだようで、それはそれはすごい運転でしたよ。
      反対車線も走っちゃうし(恐
      空港まで何十台ぬいたかわかりません。
      おまけに空港近くでまた事故りそうになるし。
      寿命が縮まりましたよ。

      余裕をもっていたはずの時間もぎりぎりに。
      空港の出国ゲートが、なぜだか一部になっていて、すごい行列。
      乗り遅れるのではないかと最後までドキドキでした。
      結果としては、機内のエンターテイメントシステムの故障とやらで1時間出発が遅れたんですけどね^^;

      グラッツェ イタリア!
      アリーヴェデルチ!


      今回の旅行では、テレコムスクエアのWi-Fi端末をレンタルしました。
      iPhoneだと海外パケット定額1480円(動画など大容量になると2980円)というのもありますが、2980円/日で計算されてしまうと高額になってしまいます。
      Wi-Fiは8泊9日で10000円。
      Googlemapsや、ちょっとした調べものなどに携帯は便利です。

      この他の写真はギャラリーにアップしてあります。
      0

        | 1/1PAGES |

        小学生発!Pray for Japan

        search this site.

        profile

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        Twitter

        ブクログ

        facebook

        links

        recommend

        教育×破壊的イノベーション 教育現場を抜本的に変革する
        教育×破壊的イノベーション 教育現場を抜本的に変革する (JUGEMレビュー »)
        クレイトン・クリステンセン,マイケル・ホーン,カーティス・ジョンソン

        others

        mobile

        qrcode