横浜シーサイドトライアスロン大会

なんだか1位みたいな写真ですけれど、総合140位です。

一人ひとりにこうやってゴールテープをきらせてくれるって、本当にありがたいことです。

 

はい、というわけで初トライアスロン、無事に完走しました!

第8回 横浜シーサイドトライアスロン 9月24日)

今年の1月終わりからロードバイクを趣味で乗り始め、10年以上していなかった運動を再開。

トライアスロンに出ようと思い6月からジムに通い始め、3ヶ月半での出場でした。

 

市民参加型トライアスロンということで、

・スイム400m

・バイク20km

・ラン5km

という、およそスプリントディスタンスであったため、安心して?!エントリーできました。

 

 

以下は、それぞれのパートのふりかえりです。

 

<スイム>

がんばれて週2回のスイム練習で3ヶ月半というのは、苦しいものでもありました。

プールで1500m連続して泳げるようになっていても、それだけでは全然太刀打ちできないこともよく分かりました。

もぐっている間はどこ泳いでいるか分からないこと、

ローリングスタートでもバトルは0ではないこと、

どんなに落ち着きをはらったつもりでも本番の緊張感で感覚が麻痺すること、

三半規管が弱いとすぐに酔いそうになること

など、たった400mでもオーシャンスイムは経験や技術が必要でした。

3回のオーシャンスイム講習参加が、本当に役立ったなという印象です。

 

スイムパートは314位とパート別の順位で見ればとても遅いのですが、

100mを2分30秒=400mを10分でというのが目標でしたから、個人的には大健闘です。

 

<バイク>

トランジションの時間は、このバイクパートに含まれています。

スイム会場からトランジションエリアまで400mほど走りました。

ウェットスーツがきつきつだったこともあり、ここまで来るのですでに大腿部が攣りそうに。

それでもバイクは一番安定して走れました。多分35km/hくらいで巡航していたと思います。

とにかく怒涛の追い抜きをしました。

 

普段のライドでは、信号待ちなどで水分補給をしていたので、走行しながらの水分補給も練習した方が良さそうです。

ボトルの脱着などはできたのですが、飲むとむせてしまいました。

 

<ラン>

ついに5km(以上)の距離を1度も練習することなく本番を迎えてしまいました。

スイムとバイクで全力を出し切った状態で走るとか、異常です。

両腿が攣ってしまっていて、トランジションエリアから出られないかと思いました。

走り出して、両腿をばちばちと叩きながら、痛みと耐えながら根性だけで走っている感じ。

心肺よりも足のピクピクで完走できないのではと思ったほどです。

それでも2周回目に入って、少しずつランの動きに体が慣れてきて、ラスト1kmくらいは足の痛みを気にせず走れました。

ランの練習はしっかりとやらなくてはいけないと思いましたが、どんなに練習してもスイムとバイクで全力出してきてからじゃ、結局攣ってしまいそう。

やはり、連続して運動する練習をしていく必要があるということでしょうか。

 

 

<その他>

初トライアスロンということもあって、トランジションはかなりゆっくり行いました。

次回出場するときは、もっとスムースに行える・・・という気もしないでもないですが、

栄養補給をしたり息を整えたりと、足の攣りのことなど考えたらある程度時間かけた方が結果としてはいいのではないかとも思えます。

これがスプリントディスタンスでなく、オリンピックディスタンスであればなおのことではないでしょうか。

とはいえ、スイムをもうちょっとましにして、ランで4分/kmで走れるようにすれば、総合100位以内に入れるかも。

来年の目標は総合100位以内にしようかな!

 

 

これはあくまでも日記として。

トライアスロンに初めて出場するにあたっては、集めた情報や行ったトレーニング、準備したものなどいろいろありましたから、

そういう内容は後日別におこすかもしれません。

他の人のブログなどが、結構役に立ちましたから。

 

JUGEMテーマ:トライアスロン

0

    孵化したようです

    15匹くらい成虫になった今年です。

    外で飼っていて気がつかなかったのか、それとも兄弟同士ではあまり交配しないってことなのか、交尾する様子は全く見なかった夏でした。

     

    今日、土を一度ひっくり返してみることにしました。

     

     

    30匹ちょっといました。

     

    昨年、3組のつがいから20匹ほどの幼虫が生まれていたので、今年はかなりの数になると思っていましたが、それほどでもなかったという印象です。

    この冬は衣装ケースで育てます。

    カブトムシの幼虫の飼育は本当に簡単なので、引き続きちゃんとやっていけそうです。

     

    学校の子ども、特に女の子は幼虫を見て悲鳴をあげる子が多かったですが、

    もう実悠も優律実も慣れたものです。見たくて見たくて仕方ない様子。

    何事も経験ですね。

     

    JUGEMテーマ:カブトムシ

    0

      カブトムシ観察記

      昨年の夏から、本格的?!に飼っているカブトムシ。

      前の投稿は5月4日のものですが、その頃から今日に至るまでの様子を写真で綴ります。

       

       

      5月7日

      飼育ケースからお試しで移してみた幼虫くん。

      元気に暴れまわり、逃亡を繰り返しました。

       

       

      しばらくして、土の上に出てこなくなりました。

      夜になると蛹室を作っているようなカリコリ音が。

      ペットボトルの側面から蛹を見られることを期待していたのですが、全然見えません。

      幼虫くんに悪いと思いつつ、上からそっと土をとり、蛹室を上から観察できるようにしました。

       

       

      5月29日

      朝起きてみると幼虫に異変が!

      蛹になり始めています。

      夕方、仕事から帰ってみると、ご覧のように茶色い蛹になっていました。

      蛹になりかけの白い段階は、レアだったかも。

       

      育てていて驚いたことはいろいろとありますが、

      蛹が動くというのは驚きでした。

      しかも結構元気に。

      くるくる蛹室の壁にそって回る様子を見ながら2週間。

       

       

      6月17日

      成虫に!

      成り立てほやほやは、写真のように羽の部分が白いです。

      こうやってみると、幼虫とのつながりが感じられます。

       

      脱皮した皮にも驚かされました。

      サイズ的には分かっていたけれど、見るとやっぱり怖い。

       

       

      成虫になってからしばらくはじっとしています。数日経ってもじっとしていました。

       

       

      6月24日

      朝起きるとカブちゃんがいない!

      と思ったら壁に登っていました。ついに始動でしょうか。

       

      それでもなかなか昆虫ゼリーを食べてくれません。

       

       

      7月1日

      ようやく口にしてくれた昆虫ゼリー。

      一度味を覚えると、「これが食べ物か!」と分かったように、毎日食べるようになってくれました。

       

      この頃には、もう数匹の幼虫をペットボトルに移していたのですが、

      2匹目が成虫になりました。こちらはオス。

      ツノの皮はいったいどうやって取るのでしょうか。

       

      成虫になったオスも、再びじっとがまんモードに。

      メスは元気にゼリーを食べています。

      4つのペットボトルは小さなダンボール箱に入れてリビングに置いていました。

      メスは夜になると部屋の中をお出かけになります。

      もちろんしばらくするとオスもそんな状態。

      まさに、放し飼い。

       

      オスとメスが成虫になったので、飼育ケースに移しました。

      去年は夜になるとケースをカリコリする音ではなく、オスが腹か尻をふるわすときに出る音が聞こえてきましたが、今年はまだ聞こえてきません。

       

       

      7月29日

      「成虫になったらすぐに交尾するよ。」という話を聞いたので、

      音は聞こえてこなかったけれど、土を掘り返してみました。

      すると、ありました!1mmほどの小さな白い卵です。

       

      昆虫ゼリーの入っていたカップに湿らせた土を入れて、1個観察してみることにしました。

      乾燥注意ですね。

       

       

      8月2日

      生まれました!

      拡大。

      ちゃんと幼虫の形をしています。

      小さな新しい命です。

      実の親より親の気分です。

       

       

       

      現在は、いくつかのケースに分けて飼っていますが、

      今年は諸先輩方に倣って「衣装ケース」を買いました。

      卵がたくさんになったら、大きなケースに大量の土がないといけないので。

       

      上の写真は、ワインが6本入っていた木箱です。

      普通の飼育ケースよりも、カブトムシたちが生き生きして見えます。

      蓋は簡単に持ち上げられてしまいますから、上に植木鉢を置いています。

       

       

      幼虫は15〜20匹くらいいて、ほとんど成虫になったのですが、

      原因不明で突然死んでしまったり、他のカブトムシにばらばらにされてしまったりして、今は半数くらいです。

      オスメス1ペアで入れていたケースで、オスがばらばらになっていたのは不可思議。

      分からないこともいろいろとあります。

      まだ卵の総数は10個に満たないくらいだと思いますが、去年よりたくさんの幼虫を育てることになるだろうなと思っています。

       

      おわり。

       

      JUGEMテーマ:カブトム

      0

        たんぽぽみたいでたんぽぽでないやつ

        近所の公園に咲き乱れています。

        遠目からはたんぽぽという認識なのですが、

        「これはたんぽぽなのか?いや、茎が長すぎる。」

        と思うのであります。

         

        そして、たんぽぽの茎はすかすかしていて水々しいですが、これは緑みどりぎっしりって感じ。

        一つの茎からたくさん枝分かれして、いくつも花が咲いています。

         

        というわけで、「たんぽぽみたい 茎が長い」で調べてみると、出てきました。

        これは、「ブタナ」というようです。

        やっぱり違かったのね。納得。

         

        子どもと一緒に公園に行って、草などをよく観察すると、いろいろな発見ができて、最近の楽しみになっています。

        てんとう虫の蛹を見つけました。どれくらいしたら、成虫が出てくるのでしょう。

        しかも、バッタのツーショットという奇跡。

         

        桜はいよいよ緑が映えて、そしてさくらんぼができています。

        落ちたのを宝石のように子どもが集めて並べています。

        0

          カブトムシが蛹になるタイミングは?

          昨年、近所にある「市民の森」で捕獲してきた(1匹は家の前の道路、街灯の下で夜に拾った)カブトムシ。

          3ペアを飼育して、卵も産んでもらい、幼虫も生まれました。

          子どもの頃に育てた経験がなかったので、ネットで調べながらその後も飼育しています。

           

          「幼虫」を見たことはもちろんありましたが、私が子どもの頃に見ていた幼虫はおそらく全てカナブンだったのでしょう。

          カブトムシの幼虫の大きさにびっくりしました。

           

          たくさん卵を産むとネットに書いてありましたし、大きな飼育ケースが必要ともありました。

          買い足したものの、百均で買ってあった飼育ケースはすごく小さく、そこに入っていた幼虫はやっぱり大きくなりませんでした。

          不思議〜。

           

          1匹ずつのスペースが十分に確保されていないといけないんでしょうね。

           

          今のところ、10〜15匹くらいいるんじゃないかなあと思っています。

          自然消滅した幼虫って、どこへいったのだろう・・・。

           

          今、心配しているのは、そろそろ蛹になるってことです。

          幼虫の体が白色から少しずつ黄色になってきているんですけれど、

          「いつ?」っていうのが幅広過ぎてよくわかりません。

           

          蛹になるときは、幼虫同士が干渉しないように、部屋を分けてやる方がよいらしいのですが、

          家にあるのは500mlのペットボトル。

          蛹になったらそれくらいのスペースでよくても、まだこれから成長するなら広いところの方がよいだろうと。

           

          一つ調べ損じていたなと思ったのは、蛹になる頃には自分の糞を使って蛹室を作るということ。

          飼育マットでは柔らか過ぎてしまうのかしら。

          すでにきれいにお手入れしてしまいました。今後はしないようにしよう。

           

          というわけで、1匹だけペットボトルに入れて様子を見てみることにします。

           

           

          JUGEMテーマ:カブトムシ

          0

            GWはピクニック!

            ホッと一息GW猫2

             

            実悠が1歳のときにもGWに行った根岸森林公園へ。

             

            根岸森林公園って、いつがにぎわう時期なのか考えたこともありませんでした。

            今日見てまわって、結構桜があったので花見の時期には賑わっているのかもしれません。

            もちろんたくさんの家族がテントを持ってきて楽しんでいましたけれど、GWはそんなに混まない印象です。

             

            道中が長いので、優律実はベビーカー。

            もうプンスカ怒ってましたけれど、公園についた途端にご機嫌に。

             

            ボール遊びをしたり、駆け回ったり、転がったり。

             

            実悠と1周散策に出かけました。

            鳩をおいまわしたり、池の亀の泳ぎをみたり、黄色い木の葉を集めたり。

             

            野原でお弁当は、ピクニックの醍醐味です。

            ご飯を食べたら馬舎へ行って、ポニーを見ました。

            こちらにも釘付けではありましたが、実は近くにある馬の乗り物にまたがる方が楽しかった模様。

             

            遊ぶボールと自分の水筒をリュックに入れて背負って行った実悠。

            歩く速さもおそくなったし、帰りは相当つかれていたけれど、がんばりました。

            考えてみれば、小学生になったら遠足のときに全部自分でもつんだものね。

            少しずつ練習しておかないと。

             

            ゆりちゃんは、帰り道はすやすやお昼寝です。

            おかげで少し買い物もできました。

             

            0

              クリッカーシューズを試す

              通勤手段が主な、私のMTB。

              もちろん、ちょっとした買い物などにも利用しますが、子どもが生まれてからはサイクリングなどもほとんどしていません。

              ただ、台風の日でも自転車で通勤するので、相棒感は相当なものです。

               

              街で見かけるロードバイクなんかにもあこがれるのですが、

              日頃の自分の乗り方や用途を考えると、やはり街乗りMTBの方がいいかなと思います。

               

              安いMTBであるものの、付き合いは長く、かれこれ9年くらい乗っているでしょうか。

              各種パーツは趣味で変えたというよりは、ボロがきて交換したというものも多く、

              買った当初からのパーツといえば、

              ・単純に高いから買えないホイール。

              ・交換・調整する自信がないディレイラー。

              ・もはや交換するなら買い替えを考えるべき、フロントフォークとサスペンション。

              という感じでしょうか。

               

              自転車は車検がないので、素人としては「ある日、走行中に突然空中分解」みたいなことが起きて死ななければいいなという漠然とした不安だけはあります。

              でも、あと何年この相棒に乗れるか分かりませんが、酷使している分、大事にしようと思います(矛盾してる?)。

               

               

              さて、先日、クリッカーシューズというものを買いました。

              私のMTBに付いているのはクリッカーペダルではありませんが、SPD互換ということで。

               

              商品案内にあるように、確かに歩きやすい。店に入っても滑ることはありません。

              ただ、カチカチ音がしないかというと、多少はします。

               

              一番の肝は、「歩きやすさ」なのか「ペダリング効率」なのかです。

              SPDシューズよりも歩きやすい。それは確か。

              その分、SPDシューズよりもペダリング効率は悪い。それも確か。

              そういう目線ならそりゃそうなんです。

              比べるのはSPDシューズとではなく、普通の靴となんです。

              普通の靴と比べて歩きやすさは「ほぼ遜色ない」です。

              ただ、(ここです)普通の靴と比べてペダリング効率が上がるか、、、、

              私としては「あまり変わらない」かなぁ。

               

              靴紐で縛るだけだからだと思います。

              靴のサイズが完全フィットしていれば、それなりにいけると思います。

              結構そういう人いると思いますが、私は右足と左足ではちょっと足のサイズが若干違うためか、左右同サイズだとちょっと片足の力が逃げます。

              私の場合、シマノの40だとつま先がちょっと当たってしまい、41だとわずかに余裕が出てしまいます。

              つま先が当たるサイズは到底選べないので41を買うわけですが、そうすると右足が結構ゆるく感じてしまいます。

              コンタクトレンズみたいに、左右で違うサイズが買えたらいいのに。

               

              クリートの位置を調整しながら、もう少し様子を見て、慣らしていこうと思います。

              じゃないと、買った意味なくなっちゃうから。

              あとは、靴紐の柄ね。黒一色のやつを買ってこよう。。。

               

               

               

              評価:
              SHIMANO(シマノ)
              ¥ 11,040
              コメント:横からだと分かりづらいが、靴紐が黒とオレンジのまだらで、それが主張しすぎなのが難。

              評価:
              SHIMANO(シマノ)
              ¥ 4,458
              コメント:フラット面は、半回転こげば上にくるので、下を見て確認しなくてもOK

              0

                夏の旅行の計画

                今夏の旅行の計画を立てました。

                昨年は優律実が生まれてすぐだったので行けませんでしたが、今夏は再び沖縄離島へ行くことにしました。

                (写真は、一昨年のもの)
                 
                目が飛び出そうになったのは、宿泊費ではなくて飛行機代。
                実悠が3歳になったので、飛行機代がかかるようになったわけです。

                ピーク時って、小児料金なんてあってないもんなんですね。
                電車やバスの感覚で半額だと思っていたら、1割引程度でした。。。
                1シート使うんですから、1割引でもしてもらえるだけありがたいことなんですけれど。
                あまりのギャップにショックをうけたのでした。

                何泊しても飛行機代に大差がないとしたら、ゆっくり滞在・・・したいところだけれど、さすがに予算ってものがあるから、むしろ一昨年よりも1泊減らしました。

                本当は、あまりに高いので沖縄をあきらめようかとも考えました。
                北海道で計画してみたら、相当安くなりそうでした。

                でも、再来年には優律実が3歳になり飛行機代が4人分になると考えると、もう今しか沖縄にはいけないんじゃないかと思い、
                やっぱりがんばって行くことにしたのでありました。

                具合が悪くなったり、天気が悪かったりしませんように・・・。
                0

                  サイクルコンピューター

                  久しぶりに、買い物で失敗しました。
                  情報収集不足というか、情報収集しすぎているうちにおきたミスリードというか・・・。

                  サイクルコンピューターを買おうと思ったの。
                  何年か前までは有線のを使っていたのだけど、
                  スマホと連携できるのが欲しいなと思って。

                  ルートや速度のログだけならば、スマホのアプリだけでもおおよそ満足できます。
                  今は、Stravaを使っています。

                  ただ、アプリ側で記録できる項目とか見ていると、ないものねだりになってきますよね。
                  ケイデンスや心拍数もログったらいいかなと思っちゃったわけです。

                  心拍数といえば、脈拍とれるApple watchかとも考えました。
                  さんざん心揺れましたけれど、毎日同じ腕時計をする気はないので、やっぱりやめました。

                  で、やっぱり有線のときと同じ、cateyeのものにしようと思ったのです。
                  スマホと連携できる製品はいくつかありました。
                  よし、これにしようかと決めようとしたとき、ユーザーレビューをチェックしたところ、「これじゃなくって、やっぱりあっちの方にしておくべきだった」みたいのがいくつか目に入り。
                  で、あっちの製品を見に行ったのですよ。

                  ちなみに、こっちはBluetoothね。
                  あっちは、2.4G。

                  すっかりスマホ連携=無線という先入観に。

                  で、あっちを購入したところ、これはスマホ連携ではなかったというオチ。
                  がっくしこん。

                  私のMTB(もう10年くらい乗ってる)スピードケイデンスセンサーをとりつけるところに、変なワイヤーを固定するようなでっぱりがあって、取り付けがいまいち。
                  で、まだ未調整。データ拾ってくれないの。
                  ネット情報にあるように、ネオジウム磁石を買ってくるかな。
                  0

                    ターミネーターのような歯が

                    歯医者にかかっています。

                    数ヶ月前、被せ物の一部がおかしくなったのか、浮いてしまって穴があいたような感覚がありました。
                    鏡で見てみると、被せ物ではなくて、歯が欠けた様子でした。

                    治療が進んで、最近になって調べてみてわかったのですが、銀歯の被せ物はその密着している部分がまた虫歯になりやすいのだそうです。
                    なんてこったです。
                    毎日、ていねいにブラッシングしているというのに。どうやって虫歯を防げばよいのかしら。
                    液体はみがきみたいのも併用しているんだけどなあ。

                    今回は初めて大がかりな治療になりました。
                    根元の神経は生きているのでそれを残して治療するけれど、空洞のところをきれいにして、そこを埋めて土台をつくって、その上に被せ物をするとか。。。なんとなくイメージはできるけれど。
                    根元の神経もとらないといけなかったら、差し歯がインプラントになっていたという感じ。

                    でも治療を初めて数週間。
                    土台を作る頃には、歯の色がすっかり黄色っぽくなっていました。
                    これってつまり、しんでいるのでは??
                    ・・・感覚はあるので、根元の神経はあるけれど、歯の神経はないってことなのかな。

                    昨日、その部分の治療がほぼ終わったようです。
                    知識がない私は、最近の技術ではセラミックの被せ物ができたと聞いていたのでほんのちょっと期待していましたが、まあ当たり前のように銀の被せ物でした。
                    それが歯+土台をすっぽり覆うような感じで、見た目、完全な銀歯なのです。
                    もう、ターミネーターのようですよ。

                    虫歯の治療をするといつもしょんぼりします。

                    夕食後と就寝前にも歯磨きしていましたが、寝不足など生活習慣がよくないのはわかっています。


                    歯医者さんには、「あと、歯ぎしりもしてるようだから、マウスピースつくるところまではやりたいね。」と言われました。
                    断言はできませんが、私、寝ている時は歯ぎしりしていません。
                    起きているとき、考え事しているときによく強く噛みます。(ぎしぎしはしないけど。歯ぎしりというより、「噛み締め」というらしい。)
                    頬骨が動いているのを、子どもに指摘されたこともありますし。
                    そうだとすると、マウスピースよりも、その習慣を改善しないとです。


                    歯に関しては、いろいろと思うところがありますよ。
                    永久歯、もう一度生えてきてくれればいいのにとか。
                     
                    0

                      | 1/8PAGES | >>

                      小学生発!Pray for Japan

                      search this site.

                      profile

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      Twitter

                      ブクログ

                      facebook

                      links

                      recommend

                      教育×破壊的イノベーション 教育現場を抜本的に変革する
                      教育×破壊的イノベーション 教育現場を抜本的に変革する (JUGEMレビュー »)
                      クレイトン・クリステンセン,マイケル・ホーン,カーティス・ジョンソン

                      others

                      mobile

                      qrcode