炎天下の木更津トライアスロン

総合464位(フィニッシュした1304人中)
総合タイム2:00:12
スイム0:36:22 (958位)
バイク0:58:49 (473位)
ラン0:25:01 (189位)
年代カテゴリー72位(188人中)

 

 

トライアスロンは自転車パートがあるので、車を運転しない私にとって、遠征はちょっと勇気がいります。

参加できそうな大会を探すとき、「行って帰ってこられる場所か」「泳ぐ場所は安全そうか」を重視します。

重視するというか、そうするとあまり選択肢はないですね。。。

 

木更津は、うまくいけば電車1本で輪行できるので、思い切ってエントリーしました。

初めてのオリンピックディスタンスへのエントリーです。

この大会に向けて、スイムの練習をがんばりました。距離への不安はだいぶなくなり、ゆっくりならばオープンウォーターでも1.5kmゆとりをもって泳ぎ切れるだろうという気持ちになってきました。

 

今年の夏は、予想外の酷暑で、暑さに慣れる練習どころではないといった感じで、もっぱらジムでトレーニングになってしまいました。もうちょっとバイクの練習ができるとよかったなという思いです。

 

 

さて、夏の終わりには暑さがやわらいでいるだろうという淡い期待は打ち砕かれ、酷暑。

そのため、競技内容に変更がありました。

スイムは予定通り。バイクは6周回の予定が4周回へ。ランは4周回の予定が2周回へ。

おやおや、バイクとランはスプリントディスタンスのようになってしまいました。

「オリンピックディスタンスで完走して自信をつける」という今大会での1番の目標がスタート前に消え去ってしまい、かなり残念ではありましたが、熱中症での生死をかけた闘いをするつもりはありませんので、スイム1.5km完泳をがんばることにします。

 

バトルを避けるため、できるだけ後ろにつけたつもりでしたが、後ろにもたくさんの人が並んでしまったので、もうスイムは大変なことになりました。前後左右すぐに人が泳いでいる、、、はずなのに視界は0。もう乗られつかまれ大バトルです。ゴーグルはずれるし。最初の100mでリタイヤの4文字がよりぎりました。

でも1つめのブイまでが予想以上に早く、少しだけ安心したのです。

周りがみんな猛烈に泳いでいるので、自然に流れるプールのようになっているのです。これはひょっとして耐えていれば連れていってもらえるのでは?!という思い。

どうせバトルになるのだったら、もっと前の位置からスタートして、泳ぎが得意でまっすぐ泳げる人に連れて行ってもらった方がよかったかもしれません。私の周りは、私を含めてもう右だと左だの、急停止だの平泳ぎだのしっちゃかめっちゃかでしたから。

 

それでも最後のブイを回ってからは、ちょっと疲れが見えてきました。で、立ち泳ぎをしようと思ったら、、、あれ?立てる!

最後の直線はかなり水深が浅いようで、立てるほどだったのです。

牡蠣があるので、立たないで泳がないと危ないのですが、命の危険がなくなったと思ったとたんにすごく気持ちが楽になりました。

無事に完泳。

トランジションまでダッシュすると、これまでの大会のように足が攣ってしまうかもしれないので、落ち着いて向かいました。

 

今日の1番の敵は太陽です。熱中症にならないように、大量に水分を用意してありました。

予想以上(予想通り?)にスイムで疲れていたので、前2大会のようにはバイクをとばせません。

それでも滑走路では40km/hまで出すこともあり、十分楽しめました。足が残っていれば45km/h,50km/hにも挑戦したかったですね。

横浜大会のあとに購入したDHバーが、今回活躍しました。

速くなるということ以上に、ポジションを変えられるので体を休められるということが大きかったです。

 

ランは5kmになったので、あとは耐えるだけです。

走り出して、今回の大反省に気づきました。熱中症を心配するあまり、補給食と水分をとりすぎたようで、お腹がパンパンです。

おかげで前2回よりも足の痙攣は多少おさえられていましたが、胸が苦しく前に進みません。

やはりキロ4分半で走り抜けるのは無理ですね・・・。

 

ラスト、後ろから「最後に抜かしてやるぞ。」という足音が聞こえてきました。

前にも選手がつまっていたので、その人に前をゆずりました。

1秒を争う順位ではない私にとって、フィニッシュテープを切るということの方が大事なのです。

 

無事完走!

大会会場には大学のトライアスロン部とか屈強な人が勢ぞろいしていましたが、その中で、中の上の成績をおさめることができたのであれば、大健闘です。

次は、横浜シーサイドトライアスロンをがんばります。

 

JUGEMテーマ:トライアスロン

0

    | 1/1PAGES |

    小学生発!Pray for Japan

    search this site.

    profile

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    Twitter

    ブクログ

    links

    recommend

    教育×破壊的イノベーション 教育現場を抜本的に変革する
    教育×破壊的イノベーション 教育現場を抜本的に変革する (JUGEMレビュー »)
    クレイトン・クリステンセン,マイケル・ホーン,カーティス・ジョンソン

    others

    mobile

    qrcode