原点回帰、山中湖へ

この夏にやると決めていた「山中湖ロングライド」を実行しました。

8月に入って、ずっと天候不順だったということで、もう行けないと諦めかけていました。

夏期休暇最終日、天気予報が曇りになっていたので思い切って出かけることに。

途中、小雨に降られたり、ガスが出たりもしましたが、計画実行できてよかったです。

 

 

ロングライドは、トレーニングというよりは旅に近いです。

ある程度、そう割り切っておかないと、途中でスタミナ切れしたときに帰ってこれなくなる心配があります。

(今回は保険として輪行袋を持っていきましたが)

 

行き帰りに同じ道を通ることは、距離感など安心感にもつながるのですが、

「つまらない」

という気持ちも抱きます。

今回はかなり長距離であることと、この前「丹沢湖ライド」をしたので道がかなりかぶってしまうことの2点から、行って来いはやめることにしました。

遠回りにはなりますが、道志村を経由して神奈川県をぐるりと1周するつもりで走ることにしました。

 

道志村までは特段きつい勾配があるわけではないのですが、何十キロも登りというのはかなり堪えます。

 

お腹もすいてきて、「道の駅どうし」に到着したときにはすでにゴール感が出ていました。

「山中湖で1泊か。あるいは輪行か。」なんて気持ちもよぎりました。

 

結局、秩父に行ったときもそうでしたけれど、足が売り切れる原因は勾配ではないのですね。

脚力をつけることも必要だし、スタミナをつけることも必要。

今回は、抜かされることはあっても誰一人抜くことがありませんでした。

つらかった!

山伏トンネルが見えたときは、うれしくて泣きそうでした。

 

 

ふらふらで到着した山中湖。

すぐに飛び込んできました、「三盛荘」。

ここは私が高校生のとき、陸上部の合宿で利用した宿です。

朝飯前6時に出走で山中湖1周走るという1日のスタートという、今思い出しても恐ろしい合宿。

丹沢湖と山中湖、この2つは今でも訪れてレジャー気分になることはありません。

なぜか重い気持ちになるんですね。

 

大人になって、組織で根性論とか精神論をぶつけるのはナンセンスでも、

やはり自分自身へのたたかいのときは、このときの精神力を思い出します。

たとえばフルマラソン。技術も体力ももちろん必要なのだけど、それだけではなく並々ならぬ気力がないと走れないものです。

 

「人に負けても、自分には負けない」

これが私の原点回帰。

 

 

ちなみに、ロードバイクで山中湖1周したら30分かかりませんでした。

高校生の朝飯前ランニングでは52分だったなあ。しみじみ。

 

この後、三国峠で下り勾配18%に地獄を見たり、

Apple Watchのバッテリーがもたず、残り25.3km記録落ちしたりしましたが、

無事に帰宅できました。

182kmは、自己最長ライド更新です。

0

    BB(ボトムブラケット)交換

    通勤に使っている自転車のBBを交換しました。

     

    10年の年季物で、いろいろガタがきているので買い替えたい気持ち半分でありますが、

    1月にロードバイクを買って、それを通勤(大雨でも通勤は自転車)に代替できるかというとそうでもなくて、

    さすがに1年に2台買うのはためらいが生まれたのでした。

     

    ギシギシ感の原因はフロントサスペンションにあるだろうと、以前リジット化したのですが、依然として変わりなく。

    どうもBB(ボトムブラケット)が怪しい感じ。

     

     

     

    実は数ヶ月前に自転車屋さんに持ち込んだことがあります。

    全体の点検をしてもらって、このまま乗っていけるのか、それとも買い替えた方がいいのか相談したのです。

    答えは「買い替えたほうがいい」でした。

    BB交換をお店でしてもらうなら、その他も全部まとめてやってもらったほうがよくて、

    でもそうなると1台分とまでいかなくても、安いクロスバイクなら買えちゃう料金に。

     

    相変わらず長い前置きで

    というわけで、専用工具を買ってまでしてBB交換を自分でやることにしましたんこぶ。

     

    1つ目

    8mmアーレンキー

        100均一に売っていると聞き、ダイソーへ。

     

    2つ目

    コッタレスクランク抜き工具

        クランクを抜くために必要な工具。

        数タイプあるようで、どちらにも使えるというやつを見つけポチり。

     

    3つ目

    BB工具

        BBの脱着に必要な工具。

        レビューは賛否がありましたが、BIKEHANDのものをポチ。

     

    4つ目

    BB

        元のBBは、シマノのBB-UN26。

        同じものでよかったのですが、BB-UN55の方がいいよとあり、こちらに。

     

    5つ目

    グリス

        手持ちはKUREのシリコングリースだけ。

        どうもグリスにはいろいろとあるらしく、心配だったのでわざわざポチりました。

     

     

    クランクは、よほど汚れで固着してしまっていたのか、相当かたかったです。

    クランク抜きが合っていないのかと、断念しそうでした。

    無事に抜けてよかった。

     

    BBを外して、きれいに拭き取ると、いい気持ち。

    汚れていたし、錆びついてもいました。抜けてよかった。

     

    右がついていたBB

    左がこれからつけるBB

     

    意外にきれいじゃんって思うかもしれませんが、これは汚れを拭き取ったあとのものです。

     

    グリスを塗って、装着。

    どうもBBを入れるネジ山が傷ついているようで、取り付けられないところでした。

    ここまできて、お買い替えかと。

    もう1回この自転車のBBを交換することはないと思い、反対側からまっすぐなのを確認したら思い切りしめつけ、無事に取り付けられました。

     

    BBの型がちがうため、クランクの長さが0.5mmほど変わったので、フロントディレイラーを調整しておしまい。

     

    ディレイラーも、ブレーキも、シフトもパーツのほとんどを買い換えなくちゃいけないレベルなんですけれど、

    とりあえず今日はここまで。

     

     

    ついでにロードバイクのBBまわりも掃除しました。

    砂がじゃりじゃり。

     

    ロードバイクはしょっちゅうメンテしているけれど、すぐ汚れます。

    MTBは毎日のようにのっていて、あまりメンテしていないけれど、まあまあきれい。

    そりゃそうか、頻度よりも走行距離ですな。

     

    評価:
    ---
    PWT
    ¥ 993
    ()
    コメント:クランク抜きには数タイプあるようで、よく分からなかったので、どちらも使えるというこれにしました。ちゃんと使えてほっ。

    評価:
    ---
    BIKE HAND(バイクハンド)
    ¥ 999
    (2011-10-21)
    コメント:いくつか心配なレビューもありましたが、普通に使えました。

    評価:
    ---
    shimano(シマノ)
    ¥ 2,040
    ()
    コメント:BB-UN26からの交換。フロントディレイラーの調整が必要ですが、取り付けは可能。でも1000円分のメリットがあるかは分からないかな。

    0

      2回目の三浦一周

      土曜日はだいたい午前中に子どもと公園へ行き、家に帰ってラーメンを食べ、それから自転車で出かけます。

      出走が早くて12時半。夕食には帰る予定ではいます。

      100kmライドになると、どうもつらいです。

       

      今日は、1月末に行って以来の、三浦半島一周の旅にしました。

      快晴なので海辺を走ると気持ちがいいんじゃないかと思ったわけです。

       

      スタートして間もなく、風がとても強いことに気が付きました。

      これは海辺きつすぎるのでは、、、。

       

      前回は、途中でエネルギー切れして、三崎口でヘトヘトだった記憶。

      なので、向かい風がびゅうびゅうなときは、無理してこがないようにペース配分を考えました。

       

      走水の海水浴場では、たくさんのファミリーが遊んでいました。

      破崎緑地という展望デッキは、見晴らしがとってもよいです。

      観音崎の1km手前あたり、坂を登りきったところです。

      この絶景を眺めていると、デッキの下からがさがさという音が。

      見ると、たぬきがいました。(多分たぬき)

       

      観音崎はとくに休まずそのまま走り抜けました。

      一箇所、どちらかなという道があったのですが、携帯で確認することなく走ったら失敗。

      もうちょっとで、もと来た道へカムバックするところでした。

       

      いくつかのアップダウンがありますが、ヒルクライムってほどじゃなく80mくらいののぼりですし、一度通ったことのある道だとかなり楽に感じます。

       

      無事に引橋の三叉路へ到着。左へ行けば油壺とか城ヶ島に行けますが、今日は行きません。

      京急三崎口駅でちょっとおやつ休憩。

       

      三崎口から葉山・鎌倉方面は、とても楽な道です。車にだけ気をつけて。

      今日は2人組のローディーが走っていて、その人達の速度がほぼほぼ同じだったので、ついていくことにしました。

      こういうときは、マナーとしていつも微妙に感じます。

      ほとんど速度が変わらないから抜かすのも変だし、かといって気を遣ってもっと速度を落としても。

      いつまでもぴったり後ろについているのもどうかとも思うし。

      でも、初級者の私にとっては、こういう人たちのあとについていくとハンドサインの出し方がよい勉強になります。

       

      右足のクリートの位置をすこしいじったこともあり、また今日は80kmほどだったこともあってか、

      足の痛みはほとんど出ずに帰ってこれました。

       

      0

        タワーめぐり

        目的地を皇居にするかスカイツリーにするかと迷いつつ、

        皇居はぐるぐるするだけかなと思い、スカイツリーを見上げに行くことに。

         

        さぼったというよりも、ここのところの疲労困憊感が半端なく、休日ぐったりしている有様でした。

        なんと秩父以来のサイクリングです。

         

        鎌倉街道を通り桜木町へ。

        国道16号で東京方面へ向かいます。

        多摩川、もう少し近くにあるといいのに。

        多摩川でジェットスキーなんてできるのね。見ているだけでも楽しい。

        そして、広い川は見ていて癒やされます。

        サイクリングロードは走りません。(目的地が違うというのもあるけれど、虫が・・・)

         

        ここまでは以前に来たことのある道なので迷いませんが、

        初めての道はいつも迷います。携帯をナビにする勇気はまだありません。

        イヤホンから、「次、右にまがってね。」って聞こえてくるとかイケてると思うんだけど。

         

        浅草ではお祭りをやっていて、道路に交通規制がありました。

        隅田川を越えるときにスカイツリーが見えました。

        でも、あの角みたいなやつが、個人的には好きではありません。

         

        もうしっかり見えたからここで引き返してもいいんですけれど、せっかくだしもうちょっと近くまで。

        やっぱり高いですね。思いっきり見上げる感じになりました。

        当たり前だけど、近づき過ぎると、見た目の高さはよくわからなくなります。

         

        さて、帰り。

        やっぱり東京方面は信号ばっかりで、所要時間の3分の1くらい信号にとられている感覚。

        とっとと帰らなくちゃいけませんが、せっかくなので皇居によりました。

        ランナーがたくさん。

        東京タワーの横を通って、国道16号に戻り、もと来た道を帰りました。

        帰りは足腰が疲れてしまい、「タワーめぐり」とか言っておきながら地元のマリンタワーにはよらず。

         

        せっかくつけてきた体力が、すっかり元通りまで落ちたって感じです。

        筋肉一つひとつの使えるエネルギーが切れていく感じ。

        ちゃんと運動しないと。

        0

          秩父羊山公園へ、芝桜を見に行く

          行こうと思っていた羊山公園。

          先週は疲労困憊&やることいっぱい&土曜の天候不順ということで延期。

           

          疲労困憊&やることいっぱいなのは変わりないのですが、断行しました。

           

          我が家から羊山公園までは、100kmちょっと。

          途中に山伏峠という600m程度のヒルクライムがあります。

           

          以前の下田ライドで実感したように150kmが足の限界だとすると、往復は厳しそう。

          でも、秩父からゆるやかに50kmほどくだると熊谷にたどり着きます。

          熊谷には、高崎線直通湘南新宿ラインが通っているので、乗り換えなしで大船まで帰れるんです。

           

          というわけで行ってきました。秩父羊山公園へ!

          朝6時くらいに出発。

          子どもが起きる前に出発しないと、「一緒に行きたい。」と悲しい顔をしてくれちゃうので。

          国道1号から瀬谷柏尾道路を通り、厚木街道へ出ます。

          相模湖ライドのときに通っているので、ここまでは迷いなし地図確認なしです。

           

          厚木街道はほんのちょっとだけ。

          町田市辻を左折して、町田街道へ。

          この道はちょっとややこしく、行き過ぎてやや戻ったりもしました。

          多摩川へ出て、ちょっとだけ多摩川CRを。

           

          多摩川CRは、景色もきれいで走りやすいです。

          もっと近くにあったらいいのに。

           

          本当は多摩川に出たら、川の景色をみながら土手で朝食をとるつもりだったのですけれど、コンビニが見当たらず、もう青梅まで行ってしまおうと思ってしまいました。

          朝、出発するまえにパンとバナナは食べてきたのですけれど、どうもこれがよくなかったみたい。

           

          お疲れの体から少しずつ力が抜けていきました。

          長袖ベースレイヤーに長袖(一番薄手にしたけれど)サイクルジャージを着ていて、暑かったから体力を消耗したのかなとも思いました。

          青梅市役所前に、きれいな広場とベンチがあったのでここで一休み。

          持ってきてよかった半袖サイクルジャージに着替えました。

           

          あとから考えてみると、もうここで引き返した方がよかったかもしれません。

          やはり体調が今ひとつで、足が動きません。

          たった60kmなのに。。。

          ここから峠とか、おろそしすぎます。

           

          山伏峠に向かう道で、なにやら山の上に観音が見えました。

          近くと看板に「鳥居観音ケニーズ」と。

          なんと和洋折衷な!と思いましたが、どうやら、鳥居観音とケニーズは近くにある別物なようです。

          (googleストリートビュー参照)

           

          秩父といえば山深い。

          そう思って、結構どきどきしていたのですが、びっくりするくらい緩やかな勾配。

           

          ええ、体調がよければ超ゆるゆるに楽しくサイクリングできたのでしょう。

          正直箱根ライドよりも苦しかったのです。

          荷物が重かったのか、疲労困憊が影響したのか、栄養補給のタイミングが悪かったのか。

          なんと峠に差し掛かるまえに、完全に敗北感。

           

          箱根山は押して歩くことはなかったのですが、もう足?腰?が限界で、山伏峠は半分くらい押して歩いた気がします。

          「秩父まで、まだ15km以上あるし、これからあと15kmくらい登るのかなぁ。もうだめかも・・・。」

          と、峠の途中で休み、iPhoneで残りの道のりを確認すると、現在地がほぼ最高地点であとはくだるのみとなっていることに!!

           

          何かの間違いがと思いながら、がんばってちょっと進むと

          ありました!峠の標識!

          本当にほっとしました。

          たくさんのローディーが私を追い越していきました。

          「なんでこんなしょぼしょぼ峠を押して歩いているんだ?初心者か?」

          と思ったに違いありません。

          初心者なのは間違いないのですが、初心者でもこんな状況はないことでしょう。

          でもいいんです。もう峠を越したのですから。

           

          下りは、ひゃっはーでしたよ。

           

          おかげで無事に羊山公園に到着できました。

          予定時刻を随分とまわってしまいましたが、でも、つらい気持ちがふっとびました。

           

          羊山公園は、この時期交通規制をしています。

          でも、自転車は中まで入ることができ、中の駐輪場が利用できます。

          駐輪場に自転車はほとんどありませんでした。

           

           

          大賑わいの芝桜の丘。

          先週行くよりも、今週こそ見頃だったようです。

          まばらなところを細かくみるとこんな感じですが、

          しきつまっているところはこんな感じ。

           

          晴れ渡る青空とはいきませんでしたが、十分に映えます。

           

          アップにすると、近所にもある芝桜なんですよね。

          観光地としていいアイディアだったと思います。

           

          ほんと、きれい!!

           

          さて、いろいろと屋台が出ていて魅力的でしたが、「焼きまんじゅう」という見慣れないものがあったので、それを買って食べました。まんとうにみたらしを付けて焼いた感じ。

           

          事前のリサーチでは、この辺は「わらじカツ丼」というものがグルメらしいので、それを食べて帰りたかったのですが、

          時間が12時半を過ぎていて、今の足で熊谷まで50km走るのは相当しんどそうだと思い、食べるのをあきらめました。

           

          いやぁ、熊谷までは長かったです。

          ほんと長かったです。

          つらかったです。

          疲れ果ててからってのは、こんなにつらいのだと身にしみました。

          輪行は、2回目だけどもう慣れました。

          他の乗客の迷惑にならない時間帯やルート、車両を選ぶ必要があるなと思いますが、便利。

           

          今回は、お目当ての芝桜が見れたものの、敗北感に包まれました。

          いつかリベンジしたいです。

           

           

          今回の教訓

          • 体調管理をしっかり。疲れ果てているなら、無理をしない。
          • 荷物はとにかく軽く!(盗まれる盗まれるっていうから、頑丈な鍵が一番重いんだよ!)
          • もうこの時期は、半袖でいい!
          0

            | 1/1PAGES |

            小学生発!Pray for Japan

            search this site.

            profile

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            recent trackback

            Twitter

            ブクログ

            facebook

            links

            recommend

            教育×破壊的イノベーション 教育現場を抜本的に変革する
            教育×破壊的イノベーション 教育現場を抜本的に変革する (JUGEMレビュー »)
            クレイトン・クリステンセン,マイケル・ホーン,カーティス・ジョンソン

            others

            mobile

            qrcode