iPhoneの通知を一時的に一括オフにする

Macでも仕事に集中するときは、通知をおやすみモードにします。
Macでは、右上の通知バーをクリックして、おやすみモードを入りにすれば、次の日になるまでは通知がこなくなります。

iPhoneでもおやすみモードがあります。

この三日月のマークを押せば、おやすみモードになります。

細かい設定は、設定アプリから「おやすみモード」を選択します。

私の設定は以下。

Macでは、夜21時以降はおやすみモードになる、のように時間指定をしていますが、
iPhoneでは特にしていません。
着信はほとんどありませんが、よく使う項目に登録されている人(まあ家族です)からの着信は受けるように、それと繰り返しの着信の通知はオンにしています。よほど急ぎで大事な用っていう意味ですよね。いい機能だと思います。

問題は、赤で丸した「通知」のところです。
以前は、「常に知らせない」という選択肢だったのです。
いつの間にか「常にする」という表現に変わりました。
これ、とっても誤解しませんか?
ふつうなら「通知は常にする」と解釈すると思うのです。
ただ、これを選択すると、下のグレイのところの説明書きが「iPhoneのロックの状態にかかわらず、着信と通知を知らせません。」となるので、「通知のオフを常にする」という意味で、これまでと同じだとわかります。

設定をしておけば、すぐに三日月マークからおやすみモードにうつれます。


ちなみに、MacではなくiPhoneでおやすみモードを使うのは、仕事に集中するときというわけではありません。
ネットで検索すると、多くの人はスマホゲームをするときにこうするそうです。

私の場合、テレビやプロジェクターなど外部ディスプレイに表示させて、他人と一緒に画面を見る際に利用します。
研修とかで、自分のiPhoneから何かを表示したとするじゃないですか、その際に例えば迷惑メールの通知とかがきたら恥ずかしいし嫌な気持ちになりますよね。
 
0

    連絡先が意図せずfacebookに自動送信されるのを防ぐべし

    iPhoneでは、Twitterやfacebookをデフォルトでサポートしていますね。

    ここで気をつけなければならないのは、携帯に登録してある連絡先が全てfacebookに自動送信されてしまうことがあるということです。
    facebookが連絡先を使う理由の一つは、電話番号やメールアドレスから、facebookを利用している人を見つけ、「友達」にしやすくしてくれるってことです。
    人によっては便利な機能かもしれません。
    でも、私はこれを「便利」と思う人は非常に少ないと考えます。

    気をつけていないと、連絡先に登録してあったメールアドレスを使って、「町田智雄さんはfacebookを利用しています。」みたいなメールを自動送信します。
    私がfacebook上で「友達」を見つけやすくしてくれるだけでなく、他の人に対しても「私」を見つけやすくしてくれているんです。


    でも、考えてみてくださいよ。
    というか、自分の携帯の連絡先を見てみてくださいよ。

    例えば、上司の連絡先とか、取引先の会社の連絡先とか登録されていませんか?
    そういうところと「つながりやすく」してくれるんですよ。
    仮にこれを「便利」と思う人がいたとしても、常識的に考えれば、先方には失礼になる可能性が大きいと言えますよ。

    というわけで、利用されたい方は良しとして、私のように「ちょっとこれはよくない」と思う人は、この機能を切っておくに限ります。

    危険なのは、携帯を機種変更などした時に、うっかり自動送信の設定をしてしまうことです。
    この記事を書いているのも、ちょうどiPhone6sが出てちょっとした時期なので、関係する方もたくさんいらっしゃるのでは。

    まず、iPhone側の設定を確認。

    「設定」アプリから「facebook」を選択。


    「連絡先」をOffにする。

    もちろん、「すべての連絡先をアップデート」をやったら、送信されちゃいますよ。
    それを押さなくても、「連絡先」がOnになっていると定期的に同期してしまいます。

    なお、facebookを使っている人は、「Messenger」アプリも注意が必要です。

    メッセージ機能がこちらに切り離されていますが、こちらも連絡先を収集(同期)するようになっています。
    「Messenger」アプリを起動し、設定画面へ。

    「連絡先を同期」をOffにします。
    これで一安心。


    いやいや、もうすでにfacebookに送信されてしまった後かもしれませんね。
    というわけで、webからfacebookの連絡先を管理するページにアクセスします。

    自分のfacebookページから「友達を検索」タブをクリックし、「連絡先を追加」の文章内の
    「インポートした連絡先を管理」というところをクリックするのですが、ちょっとややこしいので、
    直接ここにもリンクを貼っておきます。

    インポートした連絡先を管理
    ※リンクを直接クリックするのが心配な方は以下のアドレスをコピペしてアクセスすると良いです。
    (https://www.facebook.com/invite_history.php)


    招待をすでに自動送信してしまっていた場合は、今更感もありますが、招待済みのメールアドレスをすべてチェックし、削除しておくと良いでしょう。


    アップロードされた連絡先がある場合は、ここに表示されるので、削除しておきます。


    Messengerの方も、確認し、必要なら削除しておきます。


    これで、すっきりです。



    余談ですが、私は「知り合いかも?」みたいなのが出ているカラムに、
    人名だけでなく電話番号まで乗っていたのでぎょっとしたのです。

    機種変更した際に、送信されてしまっていたようです。
    で、「連絡先」には自分の連絡先も入っているわけで、知り合い候補に自分が出ていたりして変な感じ。
    ところがところがびっくりすることに、私の電話番号はまるで違っていました。なぜ・・・??
    0

      ソーシャルメディアは内輪?外輪?

      Twitterにせよ、facebookにせよ、SNSに投稿される記事の内容は多様です。

      Twitterはフォローしている相手のつぶやきが、
      facebookは友達の投稿が
      自分のタイムラインに流れてきます。

      そもそも自分の趣味・考えが合う人とつながっているのですから、タイムラインに流れてくるつぶやきや記事が多様かといえばそうでないのかもしれません。

      ですが、SNSをやっている人の多くは、潜在的に「つながりの広がり」を求めているように思います。
      そして自分のものの見方・考え方が多角的になることに成長を感じようとしているようにも思えます。

      ここに矛盾が生じているように見えます。


      私の体感としては、SNSで自身の価値観の多様化は期待できません。
      知見としてはいったんの拡散の様相を呈します。
      同じ趣味・関心事にいろいろな情報が集まりますから、嘘か誠かは別として、情報に強くなるでしょう。
      また、中には意見としてのつぶやきや記事がありますから、ものの見方や価値観に広がったような感覚になります。

      しかしながら、多くの場合は、収束を迎えます。
      タイムラインの中に流れてくる「おともだち」の中のオピニオンリーダーに従う傾向が強まってきます。

      空気を読んで、おともだちとけんかしないように合わせているというのとは違います。(そういう場合もあるでしょうが)
      価値観やものの見方が迎合していくのです。


      よいとか、わるいとか、そういう判断はここまでではしていません。
      そこにこそSNSの強みというか、よさがあると言えるかもしれません。
      (無料でSNSを利用できるのも、市場形成が容易だからというのに通じるかもしれません)

      ただ、(私個人が体感しているにすぎないかもしれない)この現象は、私はあまりおもしろく思いません。
      私は、一人ひとりに思考する力や判断する力があることが大事だと思っていますから、オピニオンリーダーに盲目的になっていく様相に「一歩まちがえば」ということを考えてしまうのです。

      要するに、
      自分に芯があるかないかは、SNSのような知見の拡散に酔う場ではっきりしてくると言えます。
      残念なことに、はっきりしてくるというのは本人にとってではないですが。

      じゃあ、芯がある人って、一体どこでそれを築いているのでしょうか。
      不思議です。
      0

        ソーシャルメディアの得手不得手

        ソーシャルメディアは、本当にいろいろとありますね。
        何をどのように使ってもよいわけですが、ソーシャルという特性がある以上、いくつかの制約を受けると言えます。

        一番大きな制約は、自分の友達が使っているソーシャルメディアを選択しなくてはならないということ。

        自分が、メディアリーダーのような地位をもっているのならば、自分が採用したソーシャルメディアに周囲が引っ張られることでしょう。でもそれはごく一部の人ができることです。
        Lineをみんなが使っていれば、個人的に拒否するポリシーがない以上は採用するでしょう。
        Twitterでもfacebookでもそうです。
        冷蔵庫の張り紙でも、駅の掲示板でも同じです。


        もう一つ大きな制約は、アクションとリアクションを繰り返さなければならないということ。

        誰も強要しませんが、「既読スルー」なんて言葉ができてしまうくらいですから、これは制約として成り立っていると言えます。
        Lineはちょうどそれが強く出るツールなのでしょう。
        一方、facebookは非常に弱いです。pokeという機能があるくらいです。


        さて、ソーシャルメディアにはそれぞれ特性があります。
        どれも同じような機能を備えているのに、不思議と人は特性を理解していて、それに応じて使い分けているようです。

        大雑把に言えば
        Lineはメールと電話、チャットの兼用。友達や同趣味の人とつながって、実際に交信するためのもの。
        Twitterはマイクロブログ。ネット上に自分の存在を点在させるもの。独り言でよいから「つぶやく」なんて言われる。
        facebookは友達と近況を伝え合い、承認しあうもの。一人ひとりでやってるとちょっとさみしいブログが、一つのSNSの中におさまるからさみしくないという感じ。
        Google+は、facebookの様な近況報告よりはTwitterに近く、Lineのような交信をも目的とできるもの。
        といった感じでしょうか。
        あくまでも、私感です。

        Lineは使っていませんし、Google+も使っていません。
        Google+は、機能としてかなりいいとは思うのですが、上記の制約を感じることに加えて、「いろいろできる」ということが以外とソーシャルメディアとの相性がよくないのかもしれないという思いもあります。



        さて、インターネットが普及した頃からブログを続けているので、ソーシャルメディアを使っていてもブログも執筆しているわけですが、私のまわりにはもうブログを執筆している人がいません。
        私のネット利用の仕方からすると、ソーシャルメディアのようにつぶやくこともあれば、友達と楽しいことを共有するくらいのこともしばしばありますが、勉強の一つでもあります。

        多くの人がソーシャルメディアを活用して、発信受信をしています。
        みなさんは、発信と受信のどちらが多いですか?

        受信にも積極的受信と消極的受信があります。
        勉強とするのは積極的受信です。

        ブログを読むというのは、結構な時間がかかるのですが、いつでも参照でき、そしてある程度まとまった文章になっているので私は好きです。
        実はfacebookも、記事と同様な文章量で投稿ができます。
        現に私の多くのまわりの方はそのようにして文章を投稿されます。

        問題は、facebookはタイムラインからどんどんと消えてしまうということです。
        あとから参照するのが難しいのです。
        以前、「記事を保存する」という機能が実装されようとしていたようですが、今それは見つけられません。
        (ひょっとしたらfacebookアプリであるかもしれません。)
        一応、「シェア」というボタンで、シェアの範囲を「自分のみ」にすれば、実質ブックマークできるとは言えます。
        ですが、スマートではありませんね。

        他の方も、facebookやらで、ある程度まとまった文章量になった場合、ブログ記事に起こしておいてくださるといいなあ。
        0

          | 1/1PAGES |

          小学生発!Pray for Japan

          search this site.

          profile

          selected entries

          categories

          archives

          recent comment

          recent trackback

          Twitter

          ブクログ

          facebook

          links

          recommend

          教育×破壊的イノベーション 教育現場を抜本的に変革する
          教育×破壊的イノベーション 教育現場を抜本的に変革する (JUGEMレビュー »)
          クレイトン・クリステンセン,マイケル・ホーン,カーティス・ジョンソン

          others

          mobile

          qrcode