Youtube動画投稿で分かったこと

 

新型コロナウイルス感染拡大防止のための臨時休校。

 

子どもが、家庭でも学習できるようにするため、Youtubeに動画をアップしてきました。

 

アップした動画は、主に未履修になった単元に関するもの。

未履修単元は、もちろん新年度になってから学校できちんとフォローしていくものですが、先が見えない状況ですし、予定通り勉強を進めたい子もいますし、何より私自身が「何もしないで次の学年担任に引き継ぐ」ことをしたくなかったのです。

 

動画の制作・投稿を2〜3週間続けてみて分かったこと。

それは、「オンライン授業」と「授業動画制作→視聴」とは、似て非なるものだということです。

 

授業動画の制作は、1日その仕事に従事できるとしたら、1日にぎり2本はできるかもしれません。

それに対してオンライン授業は、視聴者側は数コマが限界だと思いますが、授業者側は通常通り6コマでもいけると思います。

 

これは、パッケージされた動画は洗練されていて、リアルタイムの授業は冗長的だから、というだけではありません。

 

ふだんの授業が、どれだけ対話的に進行しているかが、本当によく分かったということです。

 

 

今回、私が制作した動画は、できるだけ授業に近づけるようにしました。

知識伝達だけの動画なら、正直他にあふれていると思うので、それをトレースする必要はないと思いましたし、

私が知識伝達だけの授業にそんな興味がないことがあると思います。

子どもが何を考え、どのように問題解決しようとしているのかを見て、それに呼応できるからこそ教師の居場所があると考えていますので。

 

なので、私が上げた動画は「分かりやすい」か「分かりにくい」かという軸でそもそも評価するものにならないでしょう。

(言い訳のように聞こえますが)

その軸で評価するなら、間違いなく「分かりにくい」動画だと思います。

こういう動画に需要があるかというと、、、微妙ですね。

Youtubeという一般公開される場所での投稿ですが、あくまでも自分の学級の子どもたちにしか、視聴意味がないものでしょう。

 

 

オンライン授業には、さまざまなハードルがあります。

子ども一人に、授業を受ける環境が整っていないといけません。

仮にそれが整っていても、横浜市では市が管理しているサーバーにしか学校情報を保存できないという決まりがあるので、できません。

GIGAスクール構想が早く実現していけば、こちらも変わっていくでしょうから、個人的には待ったなしでというより先行して体制を整えていけたらいいのにという願いです。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:教育

0

    鶴見川風の音マラソン

    高校1年生の三浦国際マラソン以来、20年以上ぶりにハーフマラソンに出場しました。

     

    三浦のときはとにかく折り返したとたんにつらくなった記憶。海風が強かった。

    そしてクマの着ぐるみに負けた(と先にゴールした仲間から告げられた)記憶。

    あの頃は、体重ももうれつに軽かったし(高1の4月の身体計測でたしか42kg)、毎日そりゃよく走っていましたから、

    そりゃ日頃たいして練習もしていない40歳超えたおっさんが太刀打ちできるはずもないです。

     

    それでも今日は、かなりがんばったと思います。

    4”30〜4”40ペースで走れたらいいかなと思っていましたが、4”20ペースで走る人が数人できたのでそのまま行きました。 
    後半ちょっとしたアクシデント。

    折り返すところがちょっとわかりづらいところがあって、前を走っている人がまちがえて直進していってしまったのです。

    係員が笛を吹いたけれど気付かなかったので、私が大声で「おりかえし〜!!おりかえし〜!!」と叫んだのです。

    大声出したら、そりゃまあ息が乱れちゃったわけで、ずっと一緒に走っていた人とも離れてしまい、そこからは苦痛の一人旅でした。

     

    本当に自分の限界を知るような練習ができている人はいいですけれど、私みたいに練習不足の人間からしてみると、同じペースで走れる人がいるっていうのは大きいです。最初から一人旅なら4"30ペースでも無理だったと思います。

    最近はみんな多機能な腕時計してますから、常にペースを確認しながら走れるんですよ。これも大きい。

    高校時代のように相当走り込んでいれば、体にしみついていますけれどね。

     

    記録は1時間34分31秒(速報値)でした。

    小さな大会だったこともあり、男子総合9位でした。

    それよりも年代部門順位が3位だったので、銅メダルをいただけました。ラッキー!

     

    その後、ファミリーマラソン(1.5km)を子どもたちと楽しみました。

     

    やっぱフルマラソンとかありえないわ〜。この倍でしょう? 
    遅く走ればそれだけかかる時間が伸びちゃうし。 
    フルマラソンなら5”30ペースで足腰がもつかってとこかな。

    0

      小学校を休ませるのに、大パニック!

      昨日の夜中に実悠が足の痛みを訴えました。

       

       

      足の付け根?腰骨あたり?が痛いとのことで、盲腸だろうか、腎臓か腸かなにかだろうかと不安に。

      膝も痛いとか言い出したので、これは内科的より外科的な何かではないかと。

      でも夜中だし寝ぼけているし、医者じゃないし、分かるわけもなく憶測で判断も余計心配。

       

      私も妻も、こういうときはすぐにググる(妻はヤフってる?)んですけれど、

      二人とも「股関節炎」では?という疑いに至りました。

       

      でも今日は日曜日。

      整形外科はやっていない。

      というわけで、自分たちの安心のためにも、一応小児科内科へ連れていきました。

      もちろん、「まあ、緊急性はないから、明日整形外科に行ってね。」というお言葉をいただきました。

       

      ただ、調べたとおりの「単純性股関節炎」だとすると、もしかすると1週間は安静にって言われるかもしれず、こりゃ大変なことだと。1週間も学校に行かせられないとなると、仕事も大ピンチです。

       

      まずは実家へ電話。

      どうにか今週は、お世話になれそうです。

       

      次に、連絡帳。

      「病院に行って、診断結果により、遅刻欠席の連絡をします。」

      と書く。

      そして、持って行ってくれる人へお願いに。

       

      その次は、校外委員さんへメール。

      登校班で行かないときは、必ず連絡しなくてはならないとのこと。(校外委員さん、大変!)

       

      明日は、登校班が集合しているところへ行って、休むことを伝えにいかなくては。

      放課後キッズクラブへの電話もしなくては。

       

      職場の自習体制を整え、子看休暇の電話。

       

       

      安静にしていれば登校してもよしと言われたら、学校に事情を説明に行って、お願いをしなくては。

      車椅子とかになったら、う〜ん、正直休ませちゃうかな。

      トイレがかわいそうだし。まだ1年生だから、他の子が何かのはずみで車椅子で怪我しちゃうといけないし。。。

       

      夜には、朝ほどの痛みを訴えなくなったので、早めには治るかもしれませんが

      痛いのは私ではなく実悠なので、無理してほしくない。

       

      いや、それにしても、保育園と違って、休ませるときの手続きの多いことにびっくり。

       

       

       

      JUGEMテーマ:子育て

      0

        | 1/97PAGES | >>

        小学生発!Pray for Japan

        search this site.

        profile

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        Twitter

        ブクログ

        links

        recommend

        others

        mobile

        qrcode