あと1ヶ月

つつじがきれいな時期になりましたね。

 

世界トライアスロンシリーズ 横浜大会まで1ヶ月となりました。

分かってはいたものの、2月3月の多忙さにトレーニング不足。

去年の9月のシーサイドトライアスロンのときの方がコンディションよかったのではないかと思えてしまいます。

シーサイドトライアスロンのときは、ランの練習はまったくしておらず、週2回程度のスイム練と週末しっかりバイク練をしていました。

 

冬の寒さになまけて(多少Zwiftはしたものの)バイクに全然乗っていません。

1月に10kmのマラソン大会に出たこともあり、ランに関しては今のところ心配していません。

そしてやっぱり一番心配なのはスイムです。

年明けから、週1回もままならないペースでの練習。また、冬季なのでオープンウォーターでの練習はまったくできていません。

 

山下公園の前あたりを泳ぐのですが、まあ水はきたないし、波もあります。

まっすぐ泳ぐ自信もないし、低水温も恐怖だし、実は一番心配しているのは、スタートエリアのフロートでスタート前から船酔いみたいになっちゃうのではないかということ。

波酔いは、もうどうすることもできません。これで頭がくらくらになっちゃったら、潔くリタイヤします。

 

 

直前はきちんとコンディショニングしないとと思いますので、4月いっぱいはしっかりトレーニングしようと思います。

異動したこともあり、ロードバイクで通勤して慣らしています。

 

筋力はアップしています。

体重も上がりました。

その分、バイクはちょっと苦しいのかも。

 

今一番足りないのは心肺機能。

タバタプロトコルなどでおいこむのも大事。

あとは、メンタル。ゆっくりでいいから、大会当日よりももっと長い距離を練習していこうと思います。

 

私が出場するのはスプリントディスタンス。

でもいつかはオリンピックディスタンスに出たいと思っています。

人生の中で、できるようになりたいスポーツは数知らずですけれど、トライアスロンでオリンピックディスタンスを完走できたら、ひとまず「やった」という満足感を得られると思っています。(フルマラソンは絶対できるって思っているからだめね)

0

    映画館デビュー「ドラえもん のび太の宝島」

    ここのところ実悠が、「ドラえもん のび太の宝島! ふふふふ〜ん♪どどどどどどどどどっどーらえもん♪」ってしきりに歌っているので、そろそろ映画館に連れて行ってみるかと決心しました。

     

    実悠はテレビっ子だし、多分じっと見ていられるんですけれど、問題は優律実の方ね。

    まだ2歳で長時間は耐えられないんじゃないかなと。

    まあ、そのときはそのときで、私か妻が途中退出しようと。

     

    いやあ、もう実悠がかわいくてかわいくて。

    じっと映画を観る横顔、そしてふっと脇にあるポップコーンをがさがさして食べる様子。

    愛おしいです。

     

    ゆりちゃんもポップコーンを食べまくっていました。

    そのおかげか、かなり耐えました。

    映画にも興味津々で、いろいろコメントしながら観ていました。

    お話に話しかけちゃうところが、優律実のかわいいところ。

     

    家に帰ってからも、ずっとドラえもんの話をしていたので、楽しかったのだと思います。

    よかったよかった。

    こちらも嬉しくなる春休みの1日になりました。

    0

      やっと始められた

      近所の公園でゴミ拾いをしました。

       

      もう10年前くらいから「街の清掃活動をしたい。」って思いをもっていたのですが、

      「ほんとか?」とつっこまれるくらい、ほんとに何もしてきませんでした。

       

      どうしてしたいかって言われると、そんなに深い理由とかないんですけれど、

      生垣とかにごみが捨てられていると気持ち悪いんですよね。きれいだったらいいのにっていうただそれだけの思い。

      一日一善とか、社会貢献とかそういう思いは特にないです。

       

      自分に子どもが生まれて、公園を毎週のように利用するようになって、

      「ごみをどうにかしたい」という気持ちが高まっていました。

      1ヶ月以上前に、百均で火挟を買ってきました。

      それから、近所の公園に行かなかったもので、ようやくデビューです。

       

      今のところ、一番近所の公園でのみやる予定です。

      再整備されたばかりでとてもきれいな公園なのに、ごみがすごいんです。

      他の公園よりもとても多い。それが残念で。

      (公園愛護会の活動が、他の公園よりも少ないのでしょうか。花壇はきれいにされているけれど)

       

      缶やペットボトルもまあまあありましたが、ダントツ多かったのはおかしのゴミです。

      公園のすぐ近くに我が子が通うことになる小学校があって、ほとんどはここの小学生(や卒業生)のやっていることなのだよなと思うと、とても悲しい気持ちになります。

       

      ま、私も始めたばかりですから、しばらくがんばってみようと思います。

      本来なら公園愛護会に入会すべきなのでしょうけれど、別にゴミ拾いしてばちは当たらないだろうと。

      ごみが減って、子どもたちが安全に利用できるようになればいいのです。それだけ。

       

       

      一つだけ困ったのは、割れたびん。

      一番回収したいごみなんだけど、火挟とビニール袋の装備ではやるべきじゃないかな。

      麻袋でも用意しなくちゃいけないだろか。割れたびんには、さすがに憤りを感じますよ。

       

      0

        | 1/93PAGES | >>

        小学生発!Pray for Japan

        search this site.

        profile

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        Twitter

        ブクログ

        facebook

        links

        recommend

        教育×破壊的イノベーション 教育現場を抜本的に変革する
        教育×破壊的イノベーション 教育現場を抜本的に変革する (JUGEMレビュー »)
        クレイトン・クリステンセン,マイケル・ホーン,カーティス・ジョンソン

        others

        mobile

        qrcode